地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

故郷の匂いを感じる景色

旧暦12月24日大安(丙子) 月齢23.0
昨日は、信夫山の大わらじ奉納日であった。


a0087378_4594896.jpg  今年は暖冬で、例年と風景はどこか違うかもしれない。最近目に付いた大玉村玉井地域の風景は、藁のロールである。村の田のあちこちで藁のロールが転がりはじめた。この風景、地域の中ではなんということの無い風景だが、なんということの無い風景だから故郷の匂いがする。
  同じ大きさのロールに巻かれた藁の束に、きれいによく丸まるものだと感心している。夏から秋にかけて、刈り取った草を、丸いシートにくるんだものを見かけるが、その中身がこれのようだ。恐らく酪農関係の飼料にするためだと思う。
by shingen1948 | 2007-02-11 05:01 | ★ 季節便り | Comments(0)