地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

吾妻の里の自噴泉と伝説

a0087378_19255452.jpg  古くからある自噴泉には、その清水に係わる伝説があることが多い。福島市の矢野目地区にある清水にも「片目清水」という伝説が残されている。この清水も、伝説の内容には、八幡太郎義家とのかかわりが出てくる。








a0087378_19271834.jpg
  この地区は、高圧線が通過するぐらい、藪の中にあり、ひなびた所であった。それが、突然道路が拡張されて、それに伴って開発が進んだ地域である。
 私がこの清水を確認した時には、高圧線の鉄柱の足下に位置し、立ち入り禁止のロープが張られていたた。それでも、立て札と、水神を祭る社が確認できた。

a0087378_19285420.jpg 
立て札には、以下の説明があった。
後三年の合戦に鎌倉権五郎景政、鳥海弥三郎の射る矢、左の目に立つ
景政矢を抜かずして弥三郎を追い遂に射斃す。傷をこの清水にて洗いし
後世小魚 左目盲目なり、この時景政十六才なり。

どんな風に取り扱うようになるのか心配した。
a0087378_1929465.jpg しばらくして、再び訪れた時には、公園の一部にこの清水が美しく整備されていた。周りは、商店街ができ、住宅地が建ち並んでいた。
清水は、美しく整備されたが、人工を感じ、いかにも公の機関の仕事として、美しく整備したというデザインだった。自然に湧き出る神秘な雰囲気もないし、近くの人手が入って、綺麗に管理されるという雰囲気も無かった。水神も祠もなかった。
  それでも、そこに清水があり、説明板が建ったということで、清水の存在の確認ができることは、それなりにうれしいことではあった。

  この清水、地元の記念誌には、次のような伝説として残されている。
 
昔、有名な八幡太郎義家に味方した鎌倉権現五郎景政という武将が居ました。後三年の役(1083~1087)2ときのことです。景政は、ある戦いで、敵の弓の名人、鳥海弥三郎に矢を射られ、左の目に矢が突き刺さってしまいました。
傷の手当てをしようと、後退する途中、こんこんと湧き出している泉を見つけたので、矢を抜き目を洗っていますと、弥三郎がやってきて、一騎打ちになりました。勇ましい景政は、重傷なのに少しもひるみません。ついに弥三郎を討ち取りました。
それからこの清水には、景政と同じように左の目が潰れた鮒ばかりいるようになったといわれ、「めっこ清水」と呼ばれるようになりました。
また、弥三郎の妻は、夫の死を聞いて悲しみ、尼になって清水のそばに住み、菩提をとむらいました。
今もこの清水は、片目清水13番地にあり、清水が湧いています。
(注)
  この片目清水については、違う言い伝えもあります。景政はその時15歳で、突き刺さった矢を7日7夜も抜かないで、弥三郎を追いかけて討ち取り、その後、この清水で目を洗ったとも言われています。

by shingen1948 | 2007-01-09 19:35 | ◎ 水 | Comments(0)