地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

安達地方に残る「伊達政宗観」考

  伊達政宗と玉井の関係を眺めていて、現代の視点から考えていくと、よく分からないことがある。名目上有利な政宗の評判が悪いことと、数的に有利な援軍をつけた畠山が結果的に敗れることだ。
 まず名目だが、伊達政宗が、名目上有利だと思うのだが、味方が少ないということだ。
  安達地区などで、城が落ちる描写では、伊達政宗は人の情けを知らない悪人だ。でも、伊達政宗のデビュー戦は、天正13(1585)年の「粟之巣の変事」に始まる人取り橋合戦である。この名目、現代風に考えると、伊達政宗にぶがありそうだが、大方は、最初から伊達政宗と対峙することだ。
  一連の概要を、名目の観点からみると以下のようである。
  政宗は、葦名家と手を結んで政宗と対立していた二本松義継や大内定綱・片平親綱兄弟を降伏させたが、父輝宗がとりなしたので穏便に事を済ませた。
  二本松義継は政宗へのとりなしのお礼参上と称して輝宗のもとを訪れ、そのまま輝宗を拉致して二本松へ帰ろうとした。これを知った政宗は軍勢を率いて二本松領との境・阿武隈川に義継一行を追い詰めた。数に劣る義継は逃れられないと悟り、輝宗を刺し殺して、みずからも伊達勢によって討ち取られた。この弔い合戦が人取り橋合戦である。
 次に数の問題だが、一万五千の政宗勢に対して、連合軍は三万の軍勢でありながら、理由はともあれ、多勢が結果的に敗れる。しかも、政宗は、二本松を攻めるため、本拠地に七千を残し、実質八千で連合軍に対峙しているのだ。具体的には、本隊四千で守っている所に、葦名に一万で攻められ、家来が守る中、本宮城まで脱出する。葦名の一万に、五百の白石宗実が挑み、その後、一千の伊達成実が挑む。この初戦では、本宮城まで退却するのだが、結果的には、連合軍がお家騒動で、引き上げ、最終的に伊達が勝つのだ。
 
この近辺を眺めていて分かったのは、もう一つの価値観が見えないと分かりずらいということだ。それは、建前と形式の世界である。現代は、それが希薄に成っているので現代の生活に慣れると、見えなくなるということだ。
  畠山氏も葦名氏も、皇室に忠誠を誓っている大名で、織田信長と交諠を結んだ大名であり、伊達氏は、その大名と戦っているということだ。
  対峙する伊達政宗の地位の確認が同様に大切なのだ。
  ]伊達家は、室町幕府から大名と認められている。奥州で認められているのは、葦名氏と伊達氏である。
  伊達家の家柄については、源頼朝の奥州征伐の伊達郡厚樫山の戦いで、佐藤荘司元春を破った功で、伊達郡を賜り、16代輝宗まで足利将軍から諱名を拝領する慣わしがあったという由緒がある。また、14代15代の稙宗、晴宗は、奥州探題に任じられて、居城を伊達郡から米沢に移していたので。このことが伊達政宗が認められるか否かの重要なファクターなのだ。
  そして、本心の部分だが、政宗は、奥州地方に勢力を築くことであり、事件は単なる名目である。戦った相手には親族もあり、元は見方だった者もいたということである。
  近郊の有力者は、できるだけ穏便に自分の勢力を確保したままにしたいのが本音である。そのためには、どちらが有利な方を情勢を判断することが大切なのだ。その有利な方を、大将と仰ぐことなのだ。ちょうど、小泉劇場の時の郵政民営化を楯にした選挙戦のような感じと思えばいいのだろうか。
  それなのに、伊達氏は本気でかかってくるのだから、始末が悪かったのであろうと想像すると、何となく分かり、落城の悲劇の描写もよく分かった気になってくる。



 「伊達政宗と黒川城」村上元三氏が描く、天正13(1585)年の「粟之巣の変事」の描写が、心情的に分かりやすく気に入っている。 

 
既に入道していた輝宗は、それまで戦っていた畠山の降服を入れ、宮森の陣所で対面した。降服の条件は、畠山の嫡男国王丸を人質として米沢へ差し向けるということであった。輝宗は気を許し座敷で談笑したという。二本松まで帰るという義継を送って玄関まで出た時、不意に義継は輝宗の胸を左手で押さえ、右手で脇差を抜いて胸に突きつけた。伊達家の侍たちは狼狽したが、あるじが押さえつけられているので、手出しもできずに後を追いかける。田舎道を十里過ぎて安達郡高田原というところまできた時、輝宗は、大声でついてくる家来たちに指示したという。「直ちに、義継を討ち果たせ。我が一身を大事と思うて、家の恥をさらすべからず」それを聞いた一族の伊達上野介政景、藤五郎成実など、鉄砲組に構えをとらせた。輝宗はニ本松まで連れて行くのは不可能と悟って、脇差で輝宗を刺し殺し、自分は腹を切ってその場で果てた。伊達上野介政景の下知を受けた鉄砲組は直ちに射撃を開始し、畠山の家来五十数人を射殺した。この日鷹狩に出ていた正宗は、父が義継に捕らえられたと知り、家来を従えて高田原へ急いだ。しかし、父輝宗は討たれた後だった。

by shingen1948 | 2006-12-31 06:22 | ◎ 会津への路(伊達政宗) | Comments(0)