人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

三丁目の夕日

 三丁目の夕日、出演は、吉岡秀隆・堤真一・小雪・堀北真希・もたいまさこ・三浦友和・薬師丸ひろ子
昭和30年代の東京を舞台に鈴木オートと文学などの3丁目に住む人々を描いた物語である。日常のありふれたエピソードで、心温まる物語を展開する。
この映画のDVDを借りたくて、何度も通ったが、常に貸し出し中だった。今回は、テレビで放映されたものを観た。

 真空管式のラジオを家族で聞いていたことや、オート三輪車が走っていたこと、白黒テレビ、電気洗濯機、冷蔵庫の三種の神器が揃うところの場面など、あの時代にタイムスリップし、懐かしく当時の時代を思い出した。
 近所にテレビが入ると、近所中の人が集まる様子は、大げさに描写されていたが、近所に上がりこんでテレビを観たり、野菜市場の街頭テレビを観たりしたことを思い出して、そうだったよなという懐かしいあの時代にタイムスリップできた。集団就職する友達を送りに、職安からバスで見送ったり、駅にいったりしたことも思い出す。
 当時の生活描写にリアリティーを出すため、大林監督が当時の時代の景色・レンズ、音声に拘って現実感を出そうとしたのに対して、この映画は、CGを駆使して作り出す。

 題の「三丁目の夕日」は、最後に完成した東京タワーを象徴的に浮かび上がらせる場面だけにしてある。夕日を眺める人々の姿は、心の温かさを表現しきっている。
by shingen1948 | 2006-12-10 19:18 | ☆ 映画話題と視聴記録 | Comments(0)