地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

文科省推薦教育劇画上映決定

Excite エキサイト : 社会ニュース
  政府の教育再生会議は、いじめ対策の緊急提言をしたとのことだった。まるで、劇画の原作風だと思って聞き流していたら、本気だったようだ。「劇画上映決まる」といったところか。

 これから実行されるという教育再生会議の提言は、明言を避けたかどうかは別として、毅然とした対応を学校に求めるそうだ。その内容は、問題のある児童生徒の出席停止・社会奉仕活動への参加・別教室での教育

 いじめにかかわったり放置、助長した教員には懲戒処分を適用するそうだ。

 学級で、喧嘩で叩かれたり、叩いたりした時、子どもが虐められたと訴えたら、担任を懲戒できるのだろうか。無視といういじめは、どこまで懲戒にすれば、教員は懲戒されないのだろう。

 これからの学校で、教育を職業とする人は、一切のトラブルを避け、常に理想的な社会としての学校でない限り、いつ訴えられ、懲戒処分を受けるか分からない。今、不足しているのは、トラブルに対応する力だったのではなかったかなどと理想論をしゃべっていてはいけない。トラブルを起こさないように学習することが大切で、体験を通して、対処法を学んでいく姿勢が教育現場から消えてしまったことが、憂うべきではなかったのかなどと言っている場合ではない。

 教育再生会議の正義の使者が居て、虐める子どもという悪人が居て、こいつをたたききる。こんな悪人を放置した教員という名の悪代官も同罪、縛り首。めでたしめでたしの劇画。文科省推薦をとって上映決定だ。

 責任追及より原因追求を、原因追及より、「救えなかったか」あるいは「救える方法」はなんだったのかということが大切だったと思ったのに、逆戻りが進行するのかと思うと残念だ。
どうやつたらこの問題が起きない状況をつくれるか。単純でないだろうか。
 子ども話しを聞いてやれる。時間やゆとりを確保してやる。効率だけでなく、ゆっくり話しを聞いてやる。こういった状況設定をつくる努力をする。

 素人には、こんなことが思いつくのだが、専門家集団は、さすが教育流行作家であった。センセーショナルな話題を提供してくださった。
by shingen1948 | 2006-12-02 04:59 | ☆ 教育話題 | Comments(0)