人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

エコドライブを楽しむ

9月末、NHK「おすすめ悠々ライフ」で、「ガソリン代を減らしたい」というテーマの放送を視聴して以来、山道に入るとエコドライブを試す。
 この放送では、エコドライブとエコカーという視点からみているが、今の車に愛着があって、買い換えるつもりが無いので、エコドライブのほうを参考にしている。番組でいうエコドライブのポイントは、つぎのようである。
 
 ① 発進の時は、ゆっくりアクセルを踏む。
 ② 走行時は加減速がないようにする。
 ③ 停止する前の減速時には、アクセルを離してエンジンブレーキを効かせる。
 ④ 必要以外、エンジンを止める。(アイドリングストップ)
 ⑤ タイヤの空気圧は適正に保つ。
 ⑥ 不用な荷物は下ろす。
 ⑦ カーエアコンはこまめに調節する。

 走行中のポイントは、①~③と⑦である。
 山道の場合は、アクセルでの加速は、登り坂のアクセル加減である。無理な力がかからないように、アクセルをゆっくりと踏む。登坂車線があるときは、そちらによけ、できるだけ自分のペースで走れるようにする。
 アクセルの加減速は、細かい登り部分と下り部分のエンジンブレーキの使用法である。下りの時は、エンジンブレーキとギヤのバランスを考えて走行する。下りから上りに入るところでは、やや速度をあげ気味にして、加速がついた状態で、多少登れるようにする。
 ここでもできるだけアクセルを踏まずに、ついた加速をできるだけ利用する。平地なら、アクセルムラをなくすということだろうか。
 山道で、この運転をするには、スピード差が大きくなる。それで、できるだけ他の車をに迷惑がかからないように、先に行ってもらってから試す。
 ガソリン代がどうなるかという定量的な測定はしていない。経済的な楽しみよりも、車に乗って走る時に、スピードよりも、エコドライブに挑戦しているという満足感と、全霊を優しい運転という視点に集中しているその時の充実感である。
by shingen1948 | 2006-11-12 22:25 | ☆ 環境話題 | Comments(0)