地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

現代の「みち」と人工の「道」

a0087378_2191685.jpg人が歩くと自然と「みち」ができる。ここは通ってほしくないので、柵を作るが、いつかまたもとの「みち」になる。





a0087378_2193963.jpg
  本当はこの道を通ってほしい。せっかく屋根をつけ、立派な歩道をつけ、歩きやすいようにしたのだから。

 地下道には左右から入れるので、その中央に「道」を作ったのに、柵を乗り越えて作られた「みち」ができてしまう。計画的な合理的な道と自然にできたみちとでは、どちらが機能的なのか。
 頭で観念的に正解をさがすと、店側が合理的と思うが、実際に人が動くと、そうではないということをここに来て思い知る。ここは、現代の「みち」の精神を受け継いでいるのだと。
by shingen1948 | 2006-11-04 21:21 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)