地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

馬場桜の復活を願って~柵を設けている

a0087378_4313618.jpg 観察によって、馬場桜の復活の願いを感じ取っています。
 弱った木を蘇らせる時に考えるのは、まず根本のようです。盛り土をした結果、その重さに根が耐えられずにいたのを、それをどけてやることによって復活したという話を聞いたことがあります。人が歩けば、その重さは弱った木にとって、絶えがたいことなのかもしれません。
 したがって、柵をつくって人が入れないようにすることは、有効な方策の一つといえるかもしれないと思います。また、春には、柔らかい落ち葉が引きつめられていました。根に負担をかけないだけでなく、ゆっくりと養分が送られると考えているようです。 ここは、西風が強く、自然に任せるけでは吹き飛んでしまうはずですから、人手を掛けて引きつめているはずです。
by shingen1948 | 2006-11-03 05:01 | ◎ 天然記念物「馬場桜」 | Comments(0)