地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

安達太良川の源流近くの水生生物の散策

a0087378_19281740.jpg

 安達太良川の上流三ツ森上流の水生生物調査を実施した。ヒロバカゲロウ、トビイロカゲロウ、コガゲロウ、カワゲラ、サワガニ、オナシカゲロウ、ノギカワゲラ、カワトビゲラ、ヘビトンボ、キタガミトビゲラ、ヒラタカゲロウ、モンカゲロウ、フタスジモンカゲロウ、ヒゲハナノミ、シマトビゲラ(アミメシマ)プラナリア、モンキケンゴロウ、ミズスマシ、オオカワトンボヒゲナガカワトビゲラ、カワニナなどが見つかり、きれいな水質の中豊かな水生生物の種類が確認できた。a0087378_19283353.jpg
化学的な数値は、以下の通りである。
        COD   5
        NO2   0.005
        PH    7
 この数値から、安達太良山本山から流れる南端の杉田川上流と比べてみる。PH値に特徴が出てくる。安達太良川は、中性で安定しており、豊かな生物の保証をしているといえる。ある人に聞くと、杉田川上流は、PH 5.いくつかで、酸性になっている。それでも水生生物の数はある程度あるが、種類が3種類程度とのことである。途中の支流を集めることによって、水質が安定してきているとのことである。 
by shingen1948 | 2006-10-26 19:42 | ◎ 水 | Comments(0)