地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

源泉から引き湯の監視部分と思う写真

いつも利用している岳温泉のニュースが福島民報に載っていた。
 『岳温泉湯引き小屋』の起工式のニュースだった。岳温泉は、岳温泉地内から湧いてるのではなく、源泉から引き湯をしている。湯引き公園を造って、客にその温泉が流れているところを見せたいということのようだ。

 自然の温泉の湯が送られてくる付加価値を見せようということらしい。私の贅沢の感覚のため、安達太良登山の時、延々と続く湯を送るパイプの部分の写真を撮ったが、湯が送られるところが見られるというスポットも大切ということになるほどと思った。それで、あの時、湯が送られている様子を監視する部分だろうと思うところも写真にとっていたので、それをここに載せておきたいと思った。
a0087378_4161544.jpg
 ちなみに昨日も、「佐野博美コンサート」の帰りに、岳温泉に寄ってきた。紅葉のせいか、それとも何かイベントがあったのかはわからなかったが、いつもより混んでいた。稲の干してある田んぼから望遠レンズで覗いている人がずらりと並んでいるところも見た。とにかく何かいい日だったのだろう。
by shingen1948 | 2006-10-22 04:18 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)