地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

因果関係が必要か

Excite エキサイト : 社会ニュース
 概要は、文科省調査で、朝食取る子が持久力勝るとの発表があったという。テレビ視聴との関係・睡眠との関係をも示し、生活習慣が、体力に影響しているので生活習慣を大切に考えたいということが主旨である。
 この前には、朝食を摂る、十分な睡眠、早寝早起きなどの好ましい生活習慣が、子どもの学力にも影響を及ぼすという報告もあった。

 しかし、この調査を指導した教授のコメントが、本当の大切さを指摘しているように思う。「朝食を食べたから、何時間ねたからどうたということではなく、生活習慣が好ましいか好ましくないかが問題」だという。

 つまり、本当に大切なのは、正しい生活習慣を送る力をつけること、それ自体が大切なのであると訴えたかったのだろうと推測する。持久力に影響するからとか、学力に影響があるからということでない。

 これは、方法と目的との観点でいうと、学力向上や体力向上という方法としての大切さではなく、生活習慣それ自体が、目的として大切なのだとの願いと受け取れる。

 日本では、理屈ぬきで善である事と、理屈抜きで悪であるという言い方があった。このこと総てがよいとはいわないが、人が納得する文化としては捨てがたいものがあったと思う。一つ一つに合理性を求めて納得させる中で、方法と目的に混乱を起こさせる風潮がよいとも思わない。理屈抜きを認めることも存在してよいのではないかとさえ思うのだが。
by shingen1948 | 2006-10-09 08:21 | ☆ 教育話題 | Comments(0)