人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タイトルについて② ~風の人:シン

 「シン」は、名前です。自分の立場を「風の人」としたのは、次のような理由です。

 「風の人」という言葉は、地域学でいう「地の人」「風の人」という概念を借りました。

 私「シン」は、幼いころに住んでいた「原風景のある故郷」を離れて生活しています。最近、原風景を時々思い出すようになりました。若いころは厳しい自然環境や人とのつながりの濃さがうっとうしいと感じていましたが、最近はそのことが懐かしく、また、できたらそういう生活に戻りたいと感じています。

 年のせいです。でも、ずっとこの「原風景のある故郷」に住んでいることができていたとしたら、こんなにも故郷のよさやいとおしさを感じていなかったかもしれないなと思うこともあります。 故郷を離れ、故郷を今住んでいるところから見つめ直したからこそ、手に入れられた視点なのではないでしょうか。

 今、住んでいる所は、故郷ではないといいながら、年数的には「原風景のある故郷」である生まれ故郷より長く住んでいます。したがって、私にとっては「地の人」として生活すべき空間なのかも知れません。足元をみつめ、この地のよさを生かして、しっかり生活すべきなのです。そのことを「大人の総合学習的な生活」としました。
 それは、地元学でいう「地の人」と同じ意味です。でも、私のよさは、「原風景のある故郷」とは離れていることです。「風の人」としての立場が私「シン」のよさです。 幸い、仕事場も「今住んでいる所から離れています。(仕事場が離れているということは、日常の生活の場の視点からは厳しく、かわいそうな自分の立場ですが)。ですから、私「シン」は、仕事場でも「風の人」です。それどころか、「原風景のある故郷」を見つめるときにも「風の人」になっているのです。

 「風の人」として、「地の人」の生活のよさをしっかり見つめることができる優位な立場を利用していきたいとの思いをこのタイトルに込めています。
by shingen1948 | 2006-09-24 05:02 | ブロクとわたし | Comments(0)