人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今回の豪雨が身近なところにもたらしたこと⑪~松川③

 これは、10月28日に上松川橋から川の左岸を眺めたところだ。
今回の豪雨が身近なところにもたらしたこと⑪~松川③_a0087378_1720613.jpg
 河川敷の土手の草が倒れて枯れ枝が引っかかっているのは、台風19号時に水が流れた痕跡だと思う。
昨日確認した清水水位観測所のデータと断面図とのかかわりからの推測だ。
 風景と照らし合わせると、その最高水位の読み取りが弱かったようなので、「23時30分には避難判断水位3m60㎝を越えても水位は上昇し続け」の後を「23時50分には3m63㎝に達した。」と修正する。

 この河川敷が運動公園だった頃、この河川敷まで水が上がっていた記憶がある。それで、この風景は、ここから上流の改修工事による成果だろうとみていた。
 しかし、「福島市ホームページ」の「台風19号による被害状況と本市の対応」のページによると、昭和61年8月豪雨 (8.5洪水)時の松川の水位は2m52㎝とのことだ。
 つまり、上流の大規模な改修工事を行っているにも関わらず、台風19号時の水位は、8.5洪水時よりも1m以上上昇していたということだ。その位、今回は大変なことが起きていたということのようだ。
 したがって、この風景は河川敷それ自体の改修による効果という事になるらしいという事だ。もし、そのままだったら、この河川敷は1m程水没した状態になっていただろうという事かな?
by shingen1948 | 2019-11-28 17:26 | ☆ 地域・自治話題 | Comments(0)