人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑦

 百庚申塚に向かってみたのは、もう一つの興味があったからだ。
a0087378_8535814.jpg 先の小原集落に立ち寄った際に、そこから黒岩村に向かう途中、この百庚申塚の案内柱を見かけていた。その案内される道筋が旧田沢道の道筋とかかわるのではないのかなと思っていたのだ。
 それを確認したいとうこともあった。

 古い地図と見比べて確認を進めてみると、結果的には現況の道筋の方が古くからの田沢道に近いように思えたのだが、このまま百庚申塚へ向かう道筋について確認したことも整理しておくことにする。
 百庚申塚自体古墳情報としては余談なので、その余談の続きという事になる。

 旧田沢道の道筋かなと思ったのは、この丘の北側にある墓地の東側にある道筋と繋がる道筋だ。


a0087378_8554073.jpg 今回はその北側の墓地前からその道筋をたどってみたのだが、その途中にこの庚申塔があった。安永5年が読み取れる。
 「黒岩百庚申塚について(中村善太郎)」の解説に「北口の庚申塔は安永5年丙申10月20日施主敬はとある」とある。従って、このあたりが北口ということなのだろうと想像するが、そのまま進む。


 田沢道の道筋から見えた案内柱が見えるその少し手前の左手に「史跡 百庚申塚」という別の白い案内柱が建っている。「此れより三十m頂上に供養碑二基あり……」と案内されるその左手の道筋に入っていったということだ。
a0087378_8572984.jpg
 ちょっと進んだところで、この庚申塔を見かける。
 西口の庚申塔は、満延2年申年当林世話人5名の名前がみられるとのことだが、多分、それがこれだろうと想像する。読み取れているわけではない。
by shingen1948 | 2019-06-24 08:58 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)