地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

和算「最上流宗統派の系譜」から⑩

 今回得た和算についての情報を、2007年秋に土湯温泉辺りを散歩したこととかかわりながら整理している。
 前回は、「土湯温泉と高湯温泉③:薬師様(2007/9/24)」として整理した土湯こけし薬師堂にかかわる和算家渡辺治右衛門一氏土湯薬師堂に算額奉納情報を確認した。
 その算額に記される復元趣旨と「薬師こけし堂の由来説明板」解説から、当時の薬師堂は、現湯本下の町の共同浴場「中の湯」辺りに鎮座していたということが確認できる。
 御堂が流亡するのは大正2年8月27日の水害と推測できた。

 その共同浴場「中の湯」周辺については「土湯温泉共同浴場『中の湯』(2007/9/10)」で整理している。現在は新しく建て替えられているらしいので、建て替え前の姿ということでもある。
 https://kazenoshin.exblog.jp/6143371/
 寛政3年8月に和算家渡辺治右衛門一氏が算額を奉納した薬師堂はこの辺りということまでは分かるが、具体的にどこという情報はない。というか、恐らく度重なる水害と防災工事によって改変されているという事なのだろうと想像する。

 このあたりでもう一つ気になるのは、和算家渡辺治右衛門一氏が制を受けた湯舎会津屋もこの辺りでないのかなと想像される事だ。
 そこは、文化1年(1804)年頃、湯治に来ていた須永通屋(埼玉県)という方から和算を学んでいた所でもあり、山形から江戸に戻る途中に土湯に立ち寄った最上流の祖となる会田安明氏と出会ったところでもある。
 また、その出会いから江戸に出るのだが、故郷に戻って、文政2年(1819)に二本松藩に召抱えられるまで、度々二本松に出て和算を教えながら過ごしたところでもある。

 「中の湯」の写真の奥に橋が写るが、その向こうに現在「会津屋」という店があるが、これが、この「湯舎会津屋」とどうかかわるのか、あるいはかかわらないのかの手持ち情報はない。

 そして、先に「和算「最上流宗統派の系譜」から⑧」で、渡辺一の墓という標識を見つけたことがあったとしてふれた「土湯探索余談(2007/9/29)」も、この土湯温泉散歩だ。
 https://kazenoshin.exblog.jp/6236962/
 最近、この墓地近くに須永太宗兵衛通屋(享和二年七月十五日没)の墓があるとする阿部寛氏による情報を見つけた。
 この方なら、先に「文化1年(1804)年頃、湯治に来ていた須永通屋(埼玉県)という方から和算を学んでいた」と記した方のはずだ。ここ土湯で亡くなられたという事のようだ。
by shingen1948 | 2018-10-23 10:46 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)