地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

和算「最上流宗統派の系譜」から⑨

 半沢氏の「歴史地図」をもとに土湯温泉辺りをウロチョロと散歩したのは、2007年秋頃だ。この散策をもとにして、今回和算について得た情報を加えてみる。

 まずは、確実な情報から。
 寛政3年8月に、和算家渡辺治右衛門一氏が土湯薬師堂に奉納した算額が復元されているという。 この算額が薬師堂に掲げられているとのことだ。
 この薬師堂については、「土湯温泉と高湯温泉③:薬師様(2007/9/24)」として整理しているが、確認してみるとこのことにふれていない。
 https://kazenoshin.exblog.jp/6211819/

 その復元された算額の写真を確認すると、末尾の「寛政三辛亥八月 最上流会田算左衛門安明門人 渡邊治右衛門一 印」の後に、次のような復元された趣旨が記されている。

 「原額は渡邊治右衛門一が故郷の薬師堂に奉納したもので時に二十五歳。当時薬師堂は土湯温泉発祥の名湯、中の湯の地に祀られていたが、度重なる洪水のために流出して幾星霜、昭和四十九年現在地に再興するに至る。奉納者の百五十回忌に当たり復元して懸額する。
昭和六十三年十月七日
         土湯薬師堂算額復元保存会
                  謹書 法井八夫」

 なお、「二本松市史」に記される算額の内容は、先に記した佐久間文庫などの記録をもとにしているとのことだ。

 散策時に整理した「薬師こけし堂の由来説明板」の解説と照らし合わせると、当時の薬師堂は、現湯本下の町の共同浴場「中の湯」辺りに鎮座していたということのようだ。
 御堂が流亡するのは大正2年8月27日の水害とのことなので、この原算額消失はこの時点でないのかなと想像される。
by shingen1948 | 2018-10-22 11:16 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)