地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

和算「最上流宗統派の系譜」から⑤

 「西地区史跡文化財」の案内図に紹介される4人の和算家について、その系譜にこだわった見え方で整理してみた。
 その碑文から、佐藤刻治氏、鈴木梅次郎氏、阿部太七氏は、最上流佐久間派と伺えた。ただ、佐藤刻治氏は佐藤元竜氏を師とした経緯が分かる。
 その佐藤元竜氏は、二本松藩内で渡辺氏にあるいはその系に繋がる方から学んだようにも伺えた。 佐藤元竜氏―佐藤刻治氏の系は、形式的な算法印可があったかどうかは分からないが、実質的には宗統派の系譜に近い経緯を辿りながら最上流佐久間派と結びついたという推測をした。

 鈴木梅次郎氏と阿部太七氏については、その経緯を鈴木梅次郎氏―阿部太七氏と繋がると推測したが、その鈴木梅次郎氏の師である下村の須田信崇氏の系が分からない。とりあえず他の流派から最上流佐久間派に繋がったとの仮説で推測してみたところだった。
a0087378_10353813.jpg この碑は、「下村物語(二瓶俊郎)」を参考にして下村付近を散策していた時に撮った「二瓶子碑」だ。撮影は2009年4月だが、この時の興味は建物が中心でこの碑についての整理はしていない。
 「二瓶子碑銘」の篆額部分が読める。
 「福島のいしぶ」に「(和算家) 二瓶子碑」と紹介される方の碑のようだ。碑文を確かめ、鈴木梅次郎氏の師である下村の和算家と繋がらないかなという興味だ。

 この碑の最初に「二本松渡辺担識」とある。手持ち資料では、どなたかという確認はできなかったが、碑文に「聞吾藩有東獄者為天下之選 輙来学焉……」とある「聞吾藩有東獄者」の「吾藩」は二本松藩である事が分かる。
 そして、今までの確認から、ここに「東獄者」とあるのは、今回の整理で渡辺東獄こと二本松藩士渡辺治右衛門氏とした方であり、和算家渡辺一氏とした方であろう事が分かる。

 この碑文は、その「聞吾藩有東獄者為天下之選 輙来学焉……」との紹介に続いて「信常甞著最信算法記」とある。この信常は、この二瓶千之助氏の諱のようだ。
 それらの情報をつなぎ合わせて考えると、この二瓶氏は少なくとも二本松藩内の最上流を学んでいた方であることが伺える。

 この碑建立が嘉永3年(1850)であり、鈴木梅次郎氏の師となる須田信崇氏よりも古い方であることまでしか想像できないわけだが、この地に二本松藩内の最上流とかかわる和算家がいらっしゃったということではある。
 荒井村辺りの散策時点では、下村の須田信崇氏―鈴木梅次郎氏―阿部太七氏と繋がる系は他の流派から最上流佐久間派に繋がったとの仮説だったが、こちらも二本松藩内の最上流から派生している可能性も否定できないということになるようでもあるということのようだ。
by shingen1948 | 2018-10-11 10:42 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)