人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

和算「最上流宗統派の系譜」から②

 結果的に、今回は「和算の最後の花を咲かせた」とされる方々のうち、「二本松の完戸政彜の後には、信夫の丹治賜庄作、尾形貞蔵、長沢忠兵衛、長沢辰蔵」の各氏を、「最上流宗統派の系譜」として整理している事になる。
 咲かせた「和算の最後の花」について紹介されるのは、今回整理の中心だった丹治庄作氏と尾形貞蔵氏の研究らしい。
 慶応2年時点で転距軌跡およびそれに伴う重心問題は和算の最高峰に位するとの紹介だ。
 三春の佐久間派のような華々しさは感じないが、しくしくと奥深い学びが継承されていたという事なのだろうと思う。
 数学問題に興味があるわけではないか、この「成果が、福島市の近郊の(例えば黒岩虚空蔵の)算額に今日も見ることができる」との紹介にふれると、見てみたいとも思わなくもない。

 さて、ここで佐藤元竜田氏、助川音松氏、安達の植野善左衛門氏の三氏が抜けているわけだが、前回、安達の植野善左衛門氏関連について少し触れた。
 助川音松氏については、磐城国田村郡船引の方で、明治24年1月、明治26年3月 に菅布称神社に他7名の方と算額を奉納していることが確認できる。
 ここまでで、佐藤元竜田氏の情報が確認できていなかった。
 ただ、ひょっとすると「土湯会津道を歩いてみる⑭~和算家と学校を意識する」でのちょっと脱線でふれた荒井小校長格佐藤元竜氏と同一人物ではないのかなと勝手な想像しているところはある。
 「田」が抜けた一字違いであることと、半沢氏の「歴史地図」にこの方が和算家で医師であったと紹介されていることだ。若石集会所付近に墓地・生家・資料所有者がプロットされているのを確認しているが、実際に確認ができているわけではない。

 「佐久間文庫 由来」の渡辺一の門弟として紹介される佐久間氏と完戸政彜氏以外の方についても確認したことを整理しておく。
 市野(市川)金助茂喬氏だが、「伊能忠敬測量隊員、高橋景保手附下役」との情報をみる。
暦局に出仕し、伊能忠敬の第5次測量に参加したとのこと。ただ、病気を理由に同測量の途中で帰府してしまったとも……。
 葛西通之亟泰明氏だが、江戸時代後期の和算家、暦学者小出 兼政氏の門人葛西通之丞とある方ではないのかなと想像する。師は洋学の暦学にも精通した方ということのようだ。
by shingen1948 | 2018-10-04 10:00 | ◎ 水 | Comments(0)