地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

八丁目宿散策余談 ~二本松神社神官 

 この宿は、散策情報としては福島の範疇で整理されることが多いように思う。安達郡との境界である境川の信夫郡側であることが影響しているようだ。
 しかし、散策を通して感じるのは、少なくとも近世の八丁目宿文化圏は二本松の影響下にあるということだ。
 それで、「再び八丁目宿へ ~西東広親④」で整理していた西東広親の名乗りについて行き詰った時に、二本松側の情報から迫れないかを探ってみていた。
 結果的には、この事については不発だった。

 しかし、この情報の中に、幕末から明治にかけて八丁目宿とその文化圏にかかわった田島久敬氏などの文化人と結びつくものがあった。それが、二本松神社神官の情報だ。また、これが最近その息子さんが注目を浴びている立子山や川俣などの文化圏にかかわった朝河正澄氏とも結びつくようなのだ。
 それで、この事を八丁目宿散策余談として整理しておきたいと思ったのだ。

 まずは、手持ち散歩資料での二本松神社の沿革確認から、現鎮座地に遷座されるまでの変遷とその呼称をメモる。

 田地ヶ岡城時代の守護神は熊野大神を祭っていたとのこと。
 15世紀中頃、城郭が白旗ヶ峯に築かれ、その守護神が本丸に遷座した時に、八幡大神を勧請し、併せ奉って領内の総鎮守としとのことだ。その時の呼称が御両社。
 現鎮座地への遷座は、丹波光重公が二本松城主として入部した時とのことだ。
 この遷座によって、実質的に領内二本松藩領(安達・安積・信夫(一部))の領民の守護神にもな り、二本松藩の総鎮守になったとのことだ。
 神社の社領は五十石で、その遷宮式を斎行されたのが寛文元年(1661年)とのことだ。それ以来、領民の参拝が許されたことでにぎわい、門前町としても栄えたという。
 この御両社の呼称が、二本松神社とされるようになるのは明治5年とのことだ。

 次に、「二本松市史」で、その神官を確認した。
 「二本松市史」には神官の項があって、直ぐに二本松神社神官「安藤親重」氏の以下の概要が確認できた。
 
 幼名が求馬、薩摩守、後、兵庫又筑前と改める。
 家世代々郡山八幡宮神官で、国学和歌に長じていた。
 寛政元年(1789)正六位下に叙せられる。
 同二年(1790)12月藩主長貴公の命で、二本松鎮守永代兼帯の祠官

 寛政7年(1795)に亡くなられた神職であった薩摩守行廣氏とのかかわりでは、「薩摩守、後、兵庫又筑前と改める」が気になったが、それ以上は先に進めなかった。

 田島久敬氏や朝河正澄氏に影響を与えたのは、この安藤親重氏三子の安積民僑氏のようだ。
 なお、長子は郡山八幡宮神官を継がれ、次子の重満氏が、親重の次の代を継ぐようだ。この安藤氏の祠官は現在まで続いているようだ。

 なお、この確認を通して、「松川のあゆみ」で確認した文化人情報のほとんどが「二本松市史」で紹介されていることを知った。近世の八丁目宿文化圏は二本松の影響下にあるということをあらためて確認したということでもある。
by shingen1948 | 2018-09-19 10:35 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)