地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

再び八丁目宿へ ~西東広親③

 「金谷川の教育」の情報では、石碑の前の石の祠が広親氏御夫婦の霊神墓のように解説される。
a0087378_13565620.jpg ならば、この右手の祠がそれにあたるのだろうと思われるが、どうだろうか。
 情報では、「源廣親・満津姫霊神墓(明治十三年)」が刻まれるとの事だが、確認できてはいない。

 先の散策では、その「金谷川の教育」の情報を元にして、西東広親氏が広栄氏と共に「石合の西東塾(俗称さつま様)」という私塾師匠であったことを整理している。
 その広親氏と広栄氏とは親子関係であるらしいことも確認しているのだが、この情報では、明治14年の明治天皇東北御巡幸の際に和歌を献上したのは広栄氏の方だと紹介されるのだ。

 それで、「松川のあゆみ」を確認し直す。
 ここでは、明治天皇東北御巡幸の際に「当日献上した詩歌」として、次のように記される。

 「祝辞 松川村 権訓導 平林宥京(天明根・西光寺住職)
  和歌 松川村 斎藤健輔(本町蝋燭屋主人・歌人号春連)
  和歌 村社神宮権訓導 西東広親(石合町・神官)」

 「福島のいしぶみ」の記述とも合わせて、天皇東北御巡幸の際に和歌を献上したのは広親氏の方だろうと推測しておく。

 今回、その「当日献上した詩歌」を確認していて新たに気になったのが、広親氏と共に、天明根西光寺住職平林宥京氏も権訓導とされていることだ。

 この職は、「再び八丁目宿へ ~西東広親②」で整理した教導職の最初の階級にあたる。
 西光寺住職平林宥京氏も、この職にあったということだ。

 この職は、当初は全ての神官と神道家、それに僧侶が任命されたとのことなので、自然な成り行きだったようには思う。
 また、この職は敬神愛国・天理人道・皇上奉戴に基づき、各地の社寺で説教を行ことが求められているとのことだったという。その教授内容の中心は、国家・天皇への恭順や敬神思想とのことだ。
 従って、御二人が明治天皇東北御巡幸の際に祝辞を述べたり詩歌を献上したりしたことも自然な成り行きだったように思う。

 ただ、平林宥京氏は、先に整理した「維新館」にも大きくかかわっているらしいのだ。氏はこの維新館の塾生となっている。それだけでなく、そのかかわりから松川小や浅川小の教師にもなっているらしいのだ。

 この「維新館」は、松川村が二本松藩士田島久敬氏を招いて立ちあげた私塾だ。これが八丁目小学校開設の原動力にもったとのことだった。
 塾の師匠は二本松藩士だ。当然、旧来の儒教や仏教重視の理念のはずなのだ。ならば、路線的には、この教導職とは対立関係にあったのではないのかなと思うのだ。その迷いのようなものがあったのではないのかなと想像するのだが、どうだったのだろうか。
[PR]
by shingen1948 | 2018-08-13 14:01 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)