人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

平野村道路元標設置場所跡を探す⑩

 平野村道路元標設置場所跡を探し当ててはいないのだが、これを探す経緯の中でいろいろな事が分かったので、その事について整理してみた。
 今回の確認作業の中で、「道路元標」と「里程元標」の違いが曖昧だった事も分かった。
 「国道901号-道路元標が行く」という道路元標に詳しいホームページの開設を参考に、このことを整理し、この項を終わろうと思う。

 「国道901号-道路元標が行く」のページでは、「道路元標」と「里程元標」の違いとそのかかわりについて次のように解説している。
 まずは、「道路元標」については「道路元標設置の法的根拠は、大正8年11月に公布された旧「道路法」によるものです」とする。
 次に、「里程元標」については「『元標』と名のつくものは道路元標だけではなく、明治期のお触れによる『里程元標』も多く残っている。また、時には『御大典記念元標』なんてのもあり……」とする。
 ここでいう「明治期のお触れ」は、明治6年(1873)それぞれの府県ごとに、「里程元標(りていげんぴょう)」を設け、陸地の道程(みちのり)の調査を命じたことをいうらしい。
 更に、その「道路元標」と「里程元標」とのかかわりについては、「大正道路法で市町村に1個設置せよいうことになったものの、どうやらこれらのものを道路元標と『みなしてもよい』ことになっていた可能性が非常に高いらしい」とする。

 要は、道路元標設置は、大正8年11月公布の旧「道路法」によるものだが、道路元標設置にあたり、明治期のお触れによる「里程元標」を道路元標とみなしてもよい事になっていたらしいということのようだ。
a0087378_15493764.jpg これは、先の散歩で佐倉村の道路元標として整理したものだが、これが明らかにこの例になるということのようだ。
 つまり、この碑は元々は福島県の佐倉村里程元標だったものなのだろう。それを佐倉村道路元標とみなしたものというのが正確な表記なのだろう。

 今回の整理とのかかわりでは、平野村が誕生した明治22年には法的な意味で道路元標はまだ設置されてはいないことになる。
 「信達二郡村誌」によれば、ここでいう「平塚村元標」の「里程元標」が、「瀬上街道」と「山形街道」が交わる東六角地内「瀬上街道」にあり、「入江野村元標」の「里程元標」が、この辺りの人々が言う西六角に近い「角屋敷」にあったということのようだ。
 そして、合併したての平野村としての里程標はなかったのかもしれないとの想像もできそうだ。

 平野村としての大きな課題は、平野村の中央を走る開通したての飯坂街道新道沿いに、合併したての村の中心となる公共施設を建設することだったのかもしれない。
 それらの建設整備が進んだ頃、「道路元標」がかかわる旧「道路法」が公布(大正8年11月)され、それとのかかわりで「堂ノ前16」に平野村の「道路元標」が設置されたというおおよその流れを想像する。
by shingen1948 | 2016-08-24 15:53 | Comments(0)