人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

信夫山散歩情報の確かめ~寂光寺⑧

 【仙台人が仙台を好きになるブログ】という仙台のお菓子屋さん「熊谷屋」のブログに、北山の青葉山寂光寺の散策記事があるのを見つけた。
 「北山 寂光寺の参道はここにあった」という記事だ。
 http://kumagai-ya.co.jp/blog/2093 
 寂光寺の参道跡を探る散策を通して確認し、それを地図上にプロットしているのだが、その地図情報がありがたい。これは、その図をなぞらせていただいたものだ。
a0087378_7292818.png この前に「北山の羽黒神社と青葉山の名の由来」という記事があって、そこに北山移転寂光寺が描かれた昔の地図が掲げられるのだが、その絵図と「寂光寺と参道跡」が記入された地図とを見比べると分かりやすい。
 http://kumagai-ya.co.jp/blog/663
 この昔の地図の出典は知らないが、寺とその参道の様子がよく描かれている。この図には輪王寺との間に「古海道」とする道筋が描かれる。こちらが中山古街道なそうだ。

 「北山 寂光寺の参道はここにあった」の記事では、「この地域は根白石街道と秀衡街道に挟まれたところである」と表現されるが、地元ではどちらも中山街道であることはどなたも知っていることとして解説されるようだ。
 ここで「秀衡街道」と表現されるのが、輪王寺との間に「古海道」と表現される「中山古街道」を指すようだ。「根白石街道」と表現されるのが昔の地図に寂光寺や羽黒神社の参道前に描かれた街道筋である「中山街道」ということのようだ。

 なお、「仙台周辺の古道」を確かめるのに「高倉淳の宮城郷土史・分室」の「仙台周辺の古道」のページを参考にさせていただいた。
 http://www42.tok2.com/home/kaidoumiyagi/sendaisyuuhennohurumiti.html
by shingen1948 | 2016-02-24 08:27 | Comments(0)