人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

義民太郎右衛門霊堂⑦

 年を越してしまったが、区切れのいいところまで話を進める。
a0087378_472329.jpg 散歩中は勘違いしたままだったが、「地蔵原堰堤」で荒川を渡った後、ここ義民太郎右衛門霊堂まで散策しながら歩いた道筋は、「義民太郎右衛門霊堂の誌」の前段にあった「佐原堰」の風景そのものだった。
a0087378_3544198.jpg この荒川を渡った「地蔵原堰堤」は、他の14基の堰堤とともに暴れ川を制する治山治水の最初に建設された基幹的役割を担う砂防堰堤施設として、平成20年(2008)3月19日国の登録有形文化財(建造物)に登録されたとの案内板が建つ。ここは、荒川の下流に広がる扇状地の扇頂部に位置するとのこと。
 暴れ川を制する治山治水の施設としてのみ案内されるが、佐原堰の取水口でもあるということだ。

 「福島発水のあした 第2部 共生の知恵【6】 荒川【福島民友(2010/4/14)】」では、暴れ川の荒川を制することについての紹介に多くを割いている。
 http://www.minyu-net.com/serial/mizunoasita/20100414/mizunoasita.html 注目は、ごくわずかではあるが以下のような恵みをもたらす側面についても紹介されていることだ。
 水林自然林の上流にある大正から昭和にかけて造られた「地蔵原堰堤」の左岸にある佐原堰。同市佐原の会社社長尾形一郎さん(62)は堰から引いた水を利用し、先祖から受け継いだ水田で「ひとめぼれ」を生産している。「荒川の水はきれいなのでおいしい米ができる。首都圏でも人気がある」と尾形さんは誇る。
 今回の散歩では、荒川の川筋の堰として佐原堰とともに、荒井堰、名倉堰についてふれたが、荒川には現在9つの堰があって、福島市西部の約1780haの農地を潤しているという。その他、住民の生活用水としても利用されているとのことだ。
 勿論、「昔から、大雨で河川が決壊するたびに治水や砂防の改修工事が行われてきた。大正、昭和期は地元の農家の人たちが従事した」と、手ごわい暴れ川との付き合いについてもふれるが、その姿勢は共存だ。
a0087378_44281.jpg 義民太郎右衛門霊堂の丘の南側から見える「荒川発電所」。
 情報がなかなか見つからないが、「3,100kW 東北電力(株) 電気事業用」とのこと。この上流に流れ込む塩ノ川から取水する「土湯発電所」は、「2,380kW東北電力(株) 電気事業用」とのことだ。
 こちらも、荒川が恵みをもたらしている風景に見える。
a0087378_4124840.jpg 「地蔵原堰堤」の施設は、堤長74.4m堤高8.7m、石積粗石コンクリート造の堰堤で、その下流に副堰堤を付けた暴れ川を制する砂防ダムだが、これを目にするときにはその役割を意識しない。水のある豊かな自然に溶け込んだ風景として眺めている。
 これも荒川がもたらす恵みの側面と見えなくもないとも思うが、どうだろうか。
by shingen1948 | 2016-01-01 08:34 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)