地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

山田村―上鳥渡間の山王道筋確認③~山田村の散策振り返り⑲

 好國寺付近で見失う山王道筋と上鳥渡側から確認できる山王道筋を念頭で繋がる地点を確認して、配水池まで戻る。これが、その戻りながら確認できる道筋。
a0087378_7544118.jpg
 ここからの道筋も確認したいところだが、自転車を置いた配水池の方に戻る。
a0087378_755358.jpg
 配水池の入り口に戻ったところで、振り返る。
 左手の通行止めになって居る道筋が、配水池への道筋で、中央の舗装が切れる道筋が、山王道が推定される道筋の入り口だ。左手に見える道筋は、その山麓の縁を廻り込む道筋だ。
 ここからの山王道筋を案内する資料は見かけないが、大森川の土手を進んだのだろうと勝手に想像する。

 何時もなら、自転車を引きながら山王道の道筋を確認するところだが、今回は山麓の縁を廻り込む道筋の確認をする。
 実は、先の自転車のパンク時に、タイヤがすり減っているので交換した方がいい言われたのだが、そのままパンク貼りでごまかしていたのだ。悪路に入れる状態にはないのだ。従って、大森川の土手筋も進めない。
by shingen1948 | 2015-07-02 07:56 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)