人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

愛宕山散歩24~小説家「宮本百合子文学碑」情報修正⑧

 先に明治41年4月の奥羽6県連合共進会の開催に合わせて敷設された信達軌道株式会社の福島―長岡―湯野区間の軽便軌道については整理した。これを、与謝野晶子氏の飯坂への交通手段と絡ませた。この時の湯野の終点駅が「十綱駅」で、飯坂湯野温泉の玄関口となった。
 その住所は「字大水口16番地」とのことで、飯坂東線廃線時の湯野駅の地点ではない。

 その延長計画に関わる「幻の軽便駅(山田久夫)」と題する記事が「寿里可美(第8号)」にあるのをみつけた。
 その記事によると、当初の敷設計画はその終点が飯坂町字十綱町4番地だが、ひとまず「十綱駅」まで開通させていたという状態だったらしい。この住所、現在薬局、八百屋さんがある辺り。ということは、河岸段丘上へつなげようという事だから、摺上川越えは、十綱橋付近かなと想像を広げる。

 明治44年6月の時点で、十綱駅から西に軌道を延長して、字橋本4番地に停留所を新設する計画が上がったという。徐々に本来の計画に進める暫定処置の感じだったようだ。
 この延長計画を知った十綱駅周辺や道筋の関係者は、反対運動を起こす。
 曖昧な言い方だが、その根底には飯坂村と湯野村の対抗意識がかかわったような考察の雰囲気を感じる。はっきり明言しないのは、現在は湯野飯坂地区がひとくくりになっているという地元の配慮かなと思う。
 「幻の軽便駅」の山田氏の考察こよれば、この「容易ならざる事態」なのに直ぐに解決するのは、以下のように「特許線の一部変更」をした事によるという。
 「『飯坂町字十綱町4番地』に至る線路は中間摺上川大河があって工事困難なので取り消し、更に橋本23番地から橋本15番地に至る計画に変更」し、この橋本15番地の終点駅を「飯坂駅」とした。
 つまりは、終点駅を「飯坂駅」と呼称するも、湯野側で完結するという変更だ。
 この字橋本15番地の停留所が、昭和42年に飯坂東線の車庫前―湯野線の軌道が撤去され、平成12年9月7日に湯野駅舎が取り壊された駅舎だと思われる。

 前回、TUKAさんから「中野まで飯坂電車の延伸計画がありましたが、白土の運送が目的でした。結局、電車は通らず、索道ができただけでした」との情報をいただいたが、この時点での頓挫と思われる。

 この記事で、明確になったことがもう一つある。
 それは、茂庭策動からのトロッコ道と軽便鉄道とのつなぎ目だ。ここが、やや曖昧にしたままだった。この記事で、開通時点の湯野の終点駅である「十綱駅」にこのトロッコ道がつながったということであり、その住所が「字大水口16番地」ということだ。
 延長計画の推移の中で整理すれば、延長後に「十綱駅」は通称「製糸場前停留所」となったという。そして、大正4年11月になって、茂庭からの資材運搬用電気軌道の終点(字暮坪8)から、この「十綱駅」(字大水口16)まで、人力方式専用の軌道が敷設されたということのようだ。
 その後、大正14年11月には、この鉄道の軌幅が広幅になり、翌15年4月に電化するようだ。

 山田氏は、これも大正13年4月創業した現飯坂電車の対抗意識だろうとする。こちらの電車の最終駅はこの時点では「花水駅」だが、昭和2年3月に現飯坂温泉駅まで延長される。
 「幻の軽便駅」というのが、当初の敷設計画終点駅で、その地点が「飯坂町字十綱町4番地」ということらしい。
 
Commented by TUKA at 2015-02-05 03:36 x
現在トーアエイヨーの工場がある所が製糸場跡で、停車場はその近くにあったので、
「初代十綱駅が後に製糸場前停留所となった」というのは誤りだと思います。
延伸に対して反対運動があった、と言うのは存じませんでした。
Commented by shingen1948 at 2015-02-05 07:43
製糸場が、トーアエイヨーの位置ですか。情報ありがとうございます。
「幻の軽便鉄道」での原文は「十綱駅は一時通称製糸場前停留所として、大正4年11月よりは茂庭からの資材運搬用電気索道の終点(字暮坪8)から人力方式専用の軌道を敷設、中継点としての役目を果たしたが、長くはつづかなかった。」です。
ここからの読み取りですが、この十綱駅が、「字水口16番地」の十綱駅とは違う可能性があるということですね。
Commented by TUKA at 2015-02-05 21:42 x
製糸場前停車場があった番地までは確認できてないのですが、
「日本鉄道旅行地図帳」の図では、製糸場前、十綱、湯野町の各停車場がそれぞれ独立して描かれてます。
その本によると製糸場前の位置は、明神町停車場から300m、湯野町駅まで600m、とあります。
これだと「トーアエイヨーの前」という表現よりもっと東、軌道と西根堰が交差する辺りになりましょうか。
ちょっと奇妙な位置ですね。
Commented by TUKA at 2015-02-05 21:55 x
これとは別件で、初代十綱跡とトーアエイヨー敷地を結ぶ、曲がりくねった細道も気になります。
これは元からあったのか、通勤道として開削されたのか、あるいは専用軌道でもあったのか。
だとすると茂庭から、索道~トロッコ~停車場~軌道~製糸場、と繋がっていたことになります。
初代十綱付近には側線があった、との記述を読んだ記憶があります。
もしかすると貨物ホームがあったのかも知れません。
Commented by shingen1948 at 2015-02-07 06:29
情報ありがとうございます。停車場名の変遷をたどってみました。
大正15年当時東湯野ー製糸場前ー飯坂とあり、
昭和2年に製糸場前と東湯野の間に明神町を設置し、製糸場前を廃止するという情報があります。
東線廃止頃は、増田ー東湯野ー明神町ー湯野町ということで、ここに、頂いた製糸場前の位置が、明神町停車場から300m、湯野町駅まで600mとの情報を合わせると納得です。
十綱駅変遷情報は、明治45年頃の十綱駅を残したいと願う方の情報で、元湯野駅が大正4年にトロッコ道とつながって十綱駅となるまで、通称製糸場前停留所として存続出来たということだと思います。正式名称としては湯野駅から十綱駅への変遷で、その間の出来事と解釈しました。
Commented by TUKA at 2015-02-08 00:24 x
確認したところ、明神(停)は大正15に一旦廃止され、同じ日に製糸場(停)が設置されてますね。
そして昭和2に製糸場(停)の廃止と同日に、明神(停)が復活してます。
製糸工場が廃止にでもなったのでしょうか? こちらは確認できませんでした。
Commented by shingen1948 at 2015-02-08 18:44
飯坂西線との対抗ではないでしょうかね。
大正13年福島ー花水間開通
大正15年で大きいのは信達鉄道電化ですよね。スピードが求められたのではないでしょうか。
昭和2年が、飯坂西線が現飯坂まで延びてくるという状況から、スピードの要請から駅数を絞りたいということと地元意見との調整を想像しますが、どうでしょうかね。
Commented by shingen1948 at 2015-02-10 07:50
(追加です)
「福島の学徒勤労動員の全て」の「保原高等女学校学校」学徒動員の記事に、「3,4年分散動員(7月、藤田駅・伊達駅・福島電鉄)」とあり、そこに「福島電鉄:湯野の片倉工業伊達工場(現トーアエイヨー)の側線工事も(「I懐旧座談会録」の記録を見つけました。
Commented by TUKA at 2015-02-11 21:10 x
側線の位置はともかく、存在したことは確かなようですね。
設置時期は戦時中、片倉工業専用側線ができた、と言うことになりましょうか。
貴重な情報、ありがとうございました。
Commented by TUKA at 2015-02-13 01:54 x
追記です。
「湯野電気索道」は大正元年(1912)に設立。
当初、事務所は大水口にあったが、後に暮坪8番地に移転。
大正9年(1920)頃に廃止。
その機材を「中野白土」が購入し、円部~伊達駅間に索道を設置。
円部の沖根山で採取し、高取の工場で加工後、再度索道で駅まで運んでました。
昭和10年頃に廃止され、馬車輸送に切り替えられた、とのことです。
Commented by shingen1948 at 2015-02-13 17:08
情報ありがとうございます。
百合子氏とのかかわりが中野白土より天王寺よりとの事だったので確認していませんでしたが、中野白土がかかわるんですね。摺上川を渡る地点とか、東線とのつながりが気になりますね。
by shingen1948 | 2015-02-03 06:37 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(11)