人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

信夫の里から東屋沼を意識する⑦

 今までの散策を整理する。
 東屋沼神社信仰は、沼による水の信仰、日本武尊の信仰、吾妻山の霊地敷信仰などが融合したものと考えられているようだ。それに、古くからの五穀豊穣・疫病除け・火伏せ・養蚕の鼠虫除けなどの祈りが融合され、権威付けされた事もあって近世に信夫の里にその信仰が広がりをみせたということなのだろうとのこと。

 田沢邨では、そのうちの「沼による水の信仰」にかかわって、「貝沼」も「崇拝される農耕神を仰ぐべき神社」も「信達一統誌」をもとに具体的にイメージできるということだ。更には、その吾妻信仰にかかわる伝承「種まき兎伝説」をも採取されているという事なのだろう。

 その視点で、マホロンの検索で拾った田沢邨付近の遺跡分布地図に、「種まき兎伝説」に関わる地を赤でプロットしてみた。(愛育園は、散策の目印のためのプロット)a0087378_6551061.jpg なお、まだ確認していないが「種まき兎伝説発祥の地」の碑が建つようだ。その碑が建つようになった経緯は、以下のように福島市議会(1997/6/13)の記録に記されているらしいことが確認できる。

 去る五月十日(※1997<平成9年>/5/10)に蓬莱地区の有志の方々が、佐藤保町会連合会長を中心として吾妻山種まき兎伝説を記念碑除幕式並びに伝説発表会が開催されましたが、この伝説が考古学者梅宮茂先生によって立証され、その発祥の地が現在の蓬莱町三丁目、元杉妻村大字田沢字兎田であることがわかり、当日梅宮先生の「種まき兎伝説が世に出るまで」の講演をされ、その中で地元の方々の尽力で得た資料と先生が集めた資料が一致し、今回その言語が発見され、伝説は八百字ほどの短い文ですが、グリムの童話風な物語を思わせ、美しい自然の風景にふさわしい麗しい話になっているとの講演があり、福島の昔話でおなじみの声優森和美先生の民話「種まき兎」を聞き、改めて感動した次第です。
 ここでは、字兎田地を「現在の蓬莱町三丁目、元杉妻村大字田沢字兎田」と説明する。
 この辺り、旧黒岩村・旧伏拝村・旧清水町村、そして旧田沢村の合併がかかわるようだが、「福島の小字」を確認する中では、「種まき兎伝説」にかかわる地は「兎田」も含めて全て「旧田沢村(邨)かかわり」のようだ。
by shingen1948 | 2014-12-30 06:58 | ◎ 信仰と文化 | Comments(0)