人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

鹿児島・川内原発再稼働へのカウントダウン始まる

 メディアとしての本日のビックニュースは、小渕優子前経産相と松島みどり法相の辞任のようだ。大きく扱ってくださっているのに、3面記事を読む興味しか持てないのは不遜なのかもしれないとも思う。
 それよりも気になるのは、社会面の隅に押しやられた「鹿児島・川内原発:再稼働賛成の陳情採択 薩摩川内市議会委「同意」表明【毎日新聞(2014/10/21)】」のニュース。
 いわゆる「地元」が原発の再稼働に同意する儀式がスタートした瞬間だ。これを受けて、地元市長が原発の再稼働に同意することになるのだろう。
 これからは、原発再稼働は単なる日程問題でしかなくなるのだろうと思う。
 http://mainichi.jp/shimen/news/20141021ddm041040114000c.html

 先に、伊藤県知事は「地元」の範囲を県と薩摩川内市と定義していると聞く。ということは、「地元=薩摩川内市議会+薩摩川内市長+鹿児島県知事+鹿児島県議会」ということだ。その薩摩川内市議会が原発再稼働に同意し、間もなく薩摩川内市長の同意まですんなりと進む。
 これから県の同意に進むのだが、既に2012年の鹿児島県知事選で反原発運動を主導した候補者が敗れている。
 今年12月までには、順調に県議会と県知事の同意が進むのだろうと見られているらしい。

 メデイィアがビックニュースとするニュースとのかかわりでは、今回お辞めになる小渕優子経済産業相は、説明会の内容について「不安が払しょくされたという声もあったと聞いている」と発言していて、岩切川内市長に再稼働に向けての判断にいい材料を与えられたことかな。

 我が福島のかかわりだが、今回の知事選では、民主・公明・社民の各政党と連合福島、県農政連、県町村会などの諸団体の協力で、福島県民の意識は、この事に反映されないように仕組まれたようだ。

 既にハードルはなく、もう日程をこなすだけの状態らしく、安倍首相も九電会長ら九州財界首脳との会食で、「川内はなんとかしますよ」と応じているとも聞く。
by shingen1948 | 2014-10-21 12:06 | ☆ 地域・自治話題 | Comments(0)