人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン

汚されっちまった信夫山から

 ここを散歩コースに戻す気がないのに、烏が崎を目ざしたのは吾妻山の北側の深山に相当する山々のイメージを確認したかったからだ。
在庭坂を散策していて感じるのは、吾妻山の山槐の圧迫だ。その西の深山である吾妻山は信夫の里のどこからも威圧して見えている。ところが、その少し北側の深山に相当する山々は、羽山に相当する山々に隠れていて、散策の中でその姿を現すことがない。
ひょっとすると、烏が崎ならそれが見えるかもしれないと思ったのだ。
a0087378_18161762.jpg
 これが、烏が崎から見えた山々。散策の中では、羽山に相当する山々に隠れていた深山に相当する山々が姿を見せた。
 ただそれだけだったが、満足感が強い。
by shingen1948 | 2014-09-29 18:14 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)