人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

「寺西大明神碑」③~「のりしろ散歩~庭塚(在庭坂)探索の中心話題から外れて」

 文政元年(1818)8月の須川が変水することとかかわることが「福島市史」の「庭塚(在庭坂・二子塚)」の項で解説される。
 須川の変水による田地の地焼・根腐被害を何とかしてくださったという話ではない。在庭坂・二子塚の両村でその対策を協議した改善策を提示し、それを最初にお認めくださったことが称えられた功績ということのようなのだ。

 その改善策だが、具体的には目洗川および鳥川から引水して、在庭坂地内の新規堰掘割り工事を行うというものだったらしい。
 その目洗川・鳥川からの引水するという策を、文政2年、桑折代官寺西重次郎に願い出たということだ。

 その鳥川についてはまだ確認できないが、目洗川は清水屋向かい側から、高湯街道を越え、須川に流れこむ川のようだ。
 「高湯温泉 周辺の観光スポット」のページでは、「高湯ダム公園」の中で、「目洗川という高湯地区内唯一の温泉の流れ込んでいない川がある。 岩魚が生息し、新緑と紅葉時の散策は素晴らしい」と紹介されている。

 ここからは、先の散策とのかかわりで想像したことで、まだ、確認していないことだ。
a0087378_9334691.jpg これは、高林簡易水道の水源からタンクに向かう水筋を整理した時に、こんな風に高湯街道沿いの水筋が、高林簡易水道の水源からの水筋とクロスしているのをみつけた。その高湯街道沿いの水筋の方なのだが、位置関係を地図で確認すると、その目洗川から取水した水が流れる用水路なのではないかなとも思えている。
 そして、姥堂への道筋を間違えてたどり着いた滝だが、これもかかわっていないかなとも思っている。

 豊かな水というと大きな川をイメージしてしまうが、その大きな川の豊かな水は、そこに注ぎ込む支流によって支えられているのであって、名もなき水筋が先達山からも流れている。高林簡易水道の水筋だって、その中の一つの水筋で、その水道の余剰水だって豊かで、堂ノ上の集落に向かって流れていた。
 ということで、今のところ、鳥川もその中の一つの支流とイメージしておくことにする。
by shingen1948 | 2014-08-12 09:35 | ◎ 水 | Comments(0)