地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

のりしろ散歩~吾妻連峰へのアプローチ口としての庭坂駅④

 旧高湯道の登り口から少し行ったところで戻る事にした。ただ、旧高湯道をもう少し確認したかったので、現高湯街道との間にある道筋をたどって旧高湯道を眺めて記憶がよみがえるか確認してみることにした。
a0087378_1042814.jpg その前に、旧高湯道の案内柱が建つところから、姥堂神社脇の登り口には、右手に入る事になるのだが、そのまま真っ直ぐ進んでしまったこともあったのだが、そちらの風景を記録しておく。

 その時に右手にこの滝が現れた時には、結構強い印象を受けた。


a0087378_1054932.jpg その滝の脇に建つのは不動尊だと思う?。
 姥堂神社脇の登り口にたどり着けなかった事は残念だったのだが、それはそれでよかったと思えた。後の確認で街道脇を流れていた水だと分かったが、その時点では、山からの滝というイメージで、厳かな気分だった。


a0087378_1063534.jpg 学生時代の吾妻山を縦断して安達太良山に抜けた時の登り口の確認の他に、庭坂発電所の菅野氏も通ったであろうというという想像もあった。
 この時には、菅野氏は須川の流れを確認しながら登っているはず。ということで、近くの橋から見える須川の流れの風景の写真も張り付けておく。
by shingen1948 | 2014-07-24 10:10 | ◎ 山歩きと温泉 | Comments(0)