人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

のりしろ散歩~探索中のよそ見<中心話題から外れて>②

 この辺りの語られる事がらの多くは、その中心的な視点が福島旧市内にある。
 それを、今年度はその中心的な視点を外れてみようということで、散歩の中心を郊外に移してみようと思ったのだが、その郊外散歩の中にも中心的な事柄がある。その又周辺部を回ってみたいという事で、「のりしろ散歩」としたところだった。
 ところが、いつの間にか、その中での中心的な事柄に沿って整理してきているなと感じてきたということで、更にその周辺に話をずらしてみたいと思うようになってきた。それを、探索中のよそ見として、もっとも外れた周辺部の話にこだわってみる。

 今回は、ママチャリで「庭坂発電所」に向かう道筋を、フルーツラインより一本西を走る広域道路筋を南に進むことにした。その道筋から、先に散策したことのある「天戸川の堰」や「清水観音」を意識しながら進むことで、その視野を広げたということだ。
a0087378_9371668.jpg この道筋の右手には台山断層線が走る。
 庭坂駅から西進してきた奥羽本線は、その断層線に突き当たる手前から、その断層線の上部の高さに合わせた高度を保ちながら西進する。その断層線の縁に合わせて少しずつ北に回り込みながら、松川の段丘上に出て、そこから再び西進するようになる。
 その奥羽本線は、普通の電車も走るのだが山形新幹線も走る。
 この辺りでは普通の風景として見ているが、他所から見れば不思議な風景にも見えるかもしれない。

 天戸川を境に、その南側では土湯断層線が走るのだが、これが水沢付近。台山断層線のやや西にその土湯断層線の延長線にあたる断層線が走るようで、「庭坂発電所」のやや東側を通る。このラインが清水観音の裏手の高台のラインとつながるように見える。

a0087378_9441242.jpg もっと話題を外せば、奥松川橋の南側にテレビの「ナニコレ珍百景」という番組で紹介された「各地の珍サイダー」自販機があるという話。
 この番組を見た時には、何故か水保と庭塚の間あたりを勝手にイメージしていたので、あれっという感じが起きて、その感じは久しぶりだったな。

 黒い布で隠されているところが怪しげな雰囲気を醸し出すが、何の事はない。冷蔵機能がないので太陽の光を遮るための黒い布設置ということらしい。
 この自動販売機が、本来的には野菜や果物を販売するためのものというのは、地元では常識。
 原発事故後は自家栽培の作物は、放射能測定をしているかどうかが確認できないので控えているが、事故前は、地元の新鮮な野菜や果物を手に入れることのできる田舎住まいの幸せを感じたもの。東京の電力会社が奪った田舎者の幸せの一つだ。
by shingen1948 | 2014-06-30 09:45 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)