地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

のりしろ散歩~天戸堰~天戸上堰の風景

 先に、「のりしろ散歩~中堰沿いのバラ園の花が、そろそろ見頃に」と整理した。
 笹木野宿の整理中だったが、バラ園の花がそろそろ見頃になるという適時性から、挿入した季節便りだ。
 この時、このバラ園を「中堰沿いバラ園」としたのだが、「歴史地図」の「西北部の用水路」の項で確認したら、この堰は上堰だったので、「上堰沿いのバラ園」と修正し、天戸上堰の一風景としたい。
a0087378_1785918.jpg  ここが、二つ目の天戸上堰の風景で、天戸上堰と大堀川がクロスする地点を南側から見ている。
 正面に見えるのが「大堀川」ということらしい。天戸上堰は、ここを左から右に流れている。ここで水量調整されて余った水が、天戸川に戻される。
 昔ならしがらみの仕掛けかな?
 実は、この風景を天戸上堰とそれを繋ぐ中堰という関係の地点と勝手に思い込んでしまったのが、間違いの原因。
 この地点を過ぎても、天戸上堰はそのまま天戸上堰だ。
 中堰というのは、この流れが旧米沢街道大森道を越えたところで分岐して南に流れていく堰ということのようだ。ここを過ぎてそのまま東進するのは、これまた上堰のままということだ。それを先の風景の地点から中堰だと勝手に思い込んでいたということ。
 なお、その中堰をたどってみたら、バラ園の近くでは、園の道筋の一本南側の道沿いを流れていた。こちらの道筋にも、バラ園への案内板が建っていた。
 そのバラ園、整理した時点では、駐車場にまだ余裕があったが、見頃をむかえたらしく、最近は満車の状態のようだ。
by shingen1948 | 2014-06-05 09:51 | ◎ 水 | Comments(0)