人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

昨年の地域散歩情報をチェックする⑤~福島の建築関係③破壊された建物

 「福島の瀬上嶋貫本家 佐藤家住宅 国指定文化財に 文化氏審答申【福島民報(2013/7/20)】の情報がネットから消えていたので、その大本の情報である「文化庁報道発表」情報を確認し、その「登録有形文化財(建造物)の登録について【文化庁報道発表(H25/7/19)】をもとに整理した。
a0087378_1223951.jpg
 そこには、「登録有形文化財(建造物)の登録抹消について【文化庁報道発表(H25/6/21)】の情報もあり、には以下のような竹屋旅館の正式な抹消情報があった。
 「竹屋旅館南土蔵」と「竹屋旅館西土蔵」が、「東日本大震災による被災のため、維持が困難となり、建造物を除去」という情報だ。
 この竹屋旅館が東日本大震災によって破壊された状況については、「破壊された建物②~今から思えば80」で整理したが、昨年の夏の時点で更地になっていた。
 http://kazenoshin.exblog.jp/12922458/
 登録されていた以下の「竹屋旅館」にかかわるデータも、これから抹消されるだろう。
a0087378_1241765.jpg
福島県
明治/1909
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積48㎡
1棟
福島県福島市大町2-28
登録年月日:20000926
登録有形文化財(建造物)

a0087378_1264273.jpg
 生糸問屋の屋敷地に建てられた2階建の土蔵。外壁は白漆喰塗、腰壁を海鼠壁とし、屋根は切妻造、桟瓦葺きとする。内部は各階に座敷2室を設けて藏座敷とする。現在は階段を撤去し、2階に連絡通路を設けて旅館客室として使用する。
 なお、東日本大震災によって破壊された建物については、以下の建物の状況を整理していた。
 ○ 「破壊された建物~今から思えば79」: 「日本キリスト教団福島教会」
 http://kazenoshin.exblog.jp/12915473/
 ○ 破壊された建物②~今から思えば80:「竹屋旅館」
 http://kazenoshin.exblog.jp/12922458/
 ○ 破壊された建物③~今から思えば81:「ノートルダム修道院」
 http://kazenoshin.exblog.jp/12930143/
 ○ 破壊された建物④~今から思えば82:「福島市写真美術館」
 http://kazenoshin.exblog.jp/12937199/
 このうちの「福島市写真美術館」だけが、修復されそうな感じかな。
by shingen1948 | 2014-01-10 12:11 | ◎ 福島の建築 | Comments(0)