人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

昨年の地域散歩情報をチェックする②~里の霊山寺

 伊達の「宮脇廃寺跡」は里の霊山寺ということで、一つは霊山寺とかかわ興味、もう一つは、伊達氏とかかわる興味の中で、発掘調査現地説明会や歴史講演会に3年ほど参加させていただいていた。
 この遺跡が国指定史跡になったとの報をみた。
 伊達の「宮脇廃寺跡」、棚倉の「流廃寺跡」が国史跡に福島民友(2013/11/16)】
 http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news8.html
 国の文化審議会(宮田亮平会長)は15日、伊達市の「宮脇廃寺跡(みやわきはいじ)」と棚倉町の「流廃寺(ながれはいじ)跡」の2件を国指定史跡、二本松市の「黒塚(くろづか)の岩屋」を名勝、いわき市の「桜丘会館」と南相馬市の「朝日座」の2件を登録有形文化財(建造物)に指定するよう下村博文文部科学相に答申した。また、国指定史跡の白河市の「小峰城跡」について、新たに本丸東側の丘陵部分の追加指定も答申した。
 文科省は近く同審議会の答申通り指定する。今回答申された6件が指定されると、県内の国指定史跡は47件、名勝は3件、登録有形文化財は50カ所136件となる。
 新たに名勝として指定される「黒塚の岩屋」は、俳聖松尾芭蕉が陸奥、北陸路を旅した「おくのほそ道の風景地」(10県13カ所)として答申された。
 同審議会は芭蕉が「おくのほそ道」などで俳句を残した名所など、往時をしのばせる優れた風景の指定、保護を進めており、今後、順次追加指定を求める方針。県教委によると、「おくのほそ道の風景地」の県内候補地は「黒塚の岩屋」以外にも現時点で4件あり、今後、環境が整えば同審議会への申請を検討する。
 「宮脇遺跡」で行われた発掘調査現地説明会に最初に出かけたのは、2008/11/1。この時は、主として庫裡の調査だったかな。その様子について、以下の6回に分けて整理している。その帰りに、霊山神社に立ち寄り2回に分けて整理している。
〇 「霊山町「宮脇遺跡」発掘調査現地説明会」
 http://kazenoshin.exblog.jp/7626565/ 
〇 霊山町「宮脇遺跡」発掘調査説明会②~礎石建物跡
 http://kazenoshin.exblog.jp/7632699/
〇 霊山町「宮脇遺跡」発掘調査説明会③~出土瓦
 http://kazenoshin.exblog.jp/7638301/
〇 霊山町「宮脇遺跡」発掘調査説明会④~本尊の発見
 http://kazenoshin.exblog.jp/7642356/
〇 霊山町「宮脇遺跡」発掘調査説明会⑤~「霊山史談」
 http://kazenoshin.exblog.jp/7643729/
〇 霊山町「宮脇遺跡」発掘調査説明会⑥~霊山史談②
 http://kazenoshin.exblog.jp/7646545/

 翌年2009/12/12に行われた発掘調査現地説明会にも出かけた。まず、最初に、前年の概要を「宮脇遺跡」として整理した。 http://kazenoshin.exblog.jp/9445967/
 それから、この年の現地説明会の様子を以下の6回に分けて整理した。この年の調査は、平成19年度に発掘された総瓦葺きの仏堂と思われる礎石建物跡の規模や性格を確認するということだったようだ。その結果、この建物は東西4間、南北5間の東向きの建物であることが分かったという。
〇 宮脇遺跡現地説明会②
 http://kazenoshin.exblog.jp/9452807/
〇 宮脇遺跡現地説明会③
 http://kazenoshin.exblog.jp/9459759/
〇 宮脇遺跡現地説明会④
 http://kazenoshin.exblog.jp/9465532/
〇 宮脇遺跡現地説明会⑤
 http://kazenoshin.exblog.jp/9471801/
〇 宮脇遺跡現地説明会⑥
 http://kazenoshin.exblog.jp/9478493/
〇 霊山寺~宮脇遺跡現地説明会⑦
 http://kazenoshin.exblog.jp/9484880/
 この年に、「天海僧正両親の墓」(龍興寺)に立ち寄るのは、伊達市歴史文化講演会の中で、霊山寺縁起の読み取りにかかわる示唆があったこと。ただ、今年大河視聴整理をしているとそれとも重なる情報でもある。霊山寺縁起の読み取りとかかわる趣旨は、以下の3回分散整理の状態。
〇 霊山寺縁起と天海僧正:「天海僧正両親の墓」(龍興寺)に立ち寄る⑤
 http://kazenoshin.exblog.jp/11676037/
〇 霊山寺縁起と天海僧正②:伊達市歴史文化講演会
 http://kazenoshin.exblog.jp/11681851/
〇 霊山寺縁起と天海僧正③:伊達市歴史文化講演会②
 http://kazenoshin.exblog.jp/11687636/

 次の年2010/11/27に行われた発掘調査現地説明会にも出かけた。同じように、最初に「里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会」として前年の概要を整理して、この年の整理を、以下の7回に分けて整理した。報道等によって、調査は庭園の池あたりの確認と、寺の広がりあたりに焦点を当てるらしいと思っての参加だった。
 http://kazenoshin.exblog.jp/11694859/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会②
 http://kazenoshin.exblog.jp/11699719/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会③
 http://kazenoshin.exblog.jp/11706702/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会④
 http://kazenoshin.exblog.jp/11713656/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会⑤
 http://kazenoshin.exblog.jp/11719605/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会⑥
 http://kazenoshin.exblog.jp/11725906/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会⑦
 http://kazenoshin.exblog.jp/11731309/
〇 里の霊山寺:「宮脇遺跡」第5次「宮脇遺跡」第5次調査現地公開説明会⑧
 http://kazenoshin.exblog.jp/11737034/

 更に、次の2011年9月10日に行われた発掘調査現地説明会にも出かけた。同じように、前年の概要を「「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」として整理した。この年は、仏堂基壇と仏堂東側の池の様子だが、以下の10回に分けて整理した。
 今までと違ったのは、故郷は東京の電力会社に寄って汚染されてしまっていることだった。
 http://kazenoshin.exblog.jp/13697900/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる②
 http://kazenoshin.exblog.jp/13705726/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる③
 http://kazenoshin.exblog.jp/13712473/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる④
 http://kazenoshin.exblog.jp/13718918/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑤
 http://kazenoshin.exblog.jp/13725505/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑥
 http://kazenoshin.exblog.jp/13731292/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑦
 http://kazenoshin.exblog.jp/13737561/
〇 「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑧
 http://kazenoshin.exblog.jp/13743990/
〇 出土瓦の文様~「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑨
 http://kazenoshin.exblog.jp/13750366/
〇 多様な出土瓦③~「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑨
 http://kazenoshin.exblog.jp/13756713/
〇 寄り道~「『宮脇遺跡』~第6次調査現地説明会」に出かけてみる⑩
 http://kazenoshin.exblog.jp/13763068/
by shingen1948 | 2014-01-05 10:05 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)