人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

昨年の地域散歩情報をチェックする

 地域のニュースチェックは、東京の電力会社の原発事故にかかわる情報が中心になっていたが、最近は、地域の散歩とかかわるニュースもチェックする心のゆとりが……。
 NHKの「普段着の温泉」で紹介された湯守の二瓶義松さんが、昨年10月に亡くなられたとの報をみた。御冥福をお祈りいたします。
 「二瓶義松氏死去 くろがね小屋初代管理人【福島民報(2013/10/29)】」
 二瓶 義松氏(にへい・よしまつ=県営くろがね小屋初代管理人)26日午前3時32分、老衰のため二本松市の老人介護保健施設で死去、89歳。自宅は二本松市岳温泉一丁目230の3。告別式は29日午後2時から市内槻木の二本松斎場で。喪主は次男幹彦(みきひこ)氏。
 農業の傍ら昭和36年に国立公園管理員、同38年に安達太良山に新築された県営くろがね小屋の管理人となった。長年、安達太良山の自然保護に努め、登山者やスキーヤーを見守った。平成2年に藍綬褒章受章。
 紹介が「くろがね小屋初代管理人」中心だが、NHKの「普段着の温泉」で紹介された湯守の二瓶義松さんと同一人物なのだと思うのは同姓同名であることだけ。
 湯守の二瓶義松さんについては、「二日続けて「岳の湯」に浸かってきた」の中で、以下のように整理している。
 http://kazenoshin.exblog.jp/4414128/ 
 NHKの「普段着の温泉」で紹介された「湯守」二瓶義松さんが、週一回8㎞先の源泉地にあがり温度調節や湯花とりなどを行う日だ。この日は、湯船は乳白色のお湯で満たされる。源泉地の湯花が浴槽まで届きお湯の色を変化させる日なのだ。
 
 なお、「岳温泉」については、先に12回に分けて整理している。
 http://kazenoshin.exblog.jp/tags/%E5%B2%B3%E6%B8%A9%E6%B3%89/
by shingen1948 | 2014-01-04 05:26 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)