地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

「フクシマ」は東京の出来事 ②~夏から秋にかけてのメモから

 福島原発告訴団が、昨年行なった告訴・告発が不起訴処分となった件について、東京検察審査会へ審査申し立てを行ったとの報道を見たのは、10月半ばだった。
  その記事の中に、「告訴団は福島地検に告訴・告発したものの、同種案件とともに東京地検が一括処分したため、不起訴の当否は東京の検察審査会が判断する。」とあるのが気になった。細かいところが気になるのは性格。
 「不起訴の当否は東京の検察審査会が判断する」のは、同種案件を一東京地検が一括処分したためなのだとか。ということは、告訴・告発された福島地検は、判断せず(できず)に、東京地検が判断した(できた)ということで、その適否は、東京の検察審査会が行うということらしい。 
 この時に、自分の中に漠然とあった「フクシマ」は東京の出来事という感覚が、明確となったということでもある。
 原発事故:検察審査会に申し立て「東電幹部の不起訴不当」【毎日新聞(2013/10/16)】
 http://mainichi.jp/select/news/20131016k0000e040240000c.html
 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷容疑で告訴・告発された当時の東電幹部らを不起訴としたのは不当だとして、福島県の住民や避難者でつくる「福島原発告訴団」が16日、東京の検察審査会に審査を申し立てた。
 東京地検は先月、事故の具体的な予測は困難だったとして東電幹部や菅直人元首相(67)ら計42人を不起訴にしていた。審査を申し立てられたのは、勝俣恒久前会長(73)ら原発担当だった元役員6人。菅元首相ら当時の政府首脳らは別の団体が告発していたため、今回の審査対象には含まれていない。
 告訴団は福島地検に告訴・告発したものの、同種案件とともに東京地検が一括処分したため、不起訴の当否は東京の検察審査会が判断する。審査会が今後、「起訴すべきだ」と2度議決すれば、強制的に起訴される。
 過去の重大事故では、兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故や、花火大会の見物客が死亡した同県明石市の歩道橋事故で強制起訴されたケースがあるが、いずれも有罪判決には至っていない。
 脱線事故では神戸地裁が先月、JR西日本の歴代3社長に無罪を宣告(検察官役の指定弁護士が控訴)。歩道橋事故では同地裁が2月、県警明石署の元副署長に免訴を言い渡し、実質的に無罪とした(同)。【山下俊輔】

by shingen1948 | 2013-11-05 06:24 | ★ 季節便り | Comments(0)