地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

大河ドラマ視聴「八重の桜」~ 第30話「再起への道」②

 ドラマでは、山川健次郎が、脱出する様子をさりげなく描かれている。これから新しい時代が描かれるドラマとしては、欠かせない事だが、描き過ぎれば焦点がぼけてしまうという事柄だろうか。
 そんな条件下で、この事柄を山川大蔵と梶原平馬を介在させて表現することによって、この脱出が私的な事ではなく、藩命、或いは藩命に近いことが分かるように工夫されていた。
 この藩命による謹慎所からの脱走命令は、実際には容易いものではない。見つかれば死罪となる可能性が高い。
 これらの実行には、長州藩との対立軸では捉えることはできないもう一つの物語がある。そのスタートには、長州藩士奥平謙輔と会津藩士秋月悌次郎との私的な交流があって、それをもとにして、この計画に展開していくようだ。
 この事を知るのには、奥平と秋月のこの交流の確認も必要だし、その間に立つ会津の僧河井善順という人物像の別物語の確認も必要かな。ただ、今回は、煩雑になるので、とりあえずこの時の出来事に限定した整理にしておく。

 この時、奥平に会津藩の将来を担わせるために教育を依頼するのは、小川亮と山川健次郎の二人の少年だ。この少年達を、奥平の許へ送り届ける役目を担うのが、僧の河井善順。
 善順は、少年二人を寺小姓の兄弟ということにし、小川亮に神山源吉、山川健次郎に神山巳之吉という変名を与えて猪苗代を出発したという。しかし、僧一人に寺小姓二人というのは不自然で、更に、少年二人は戦争に臨むのに断髪していたという。当時、断髪は会津士族だけという状況もあって、途中の関門で、怪しまれる。少年達が「もう駄目だ」と諦めかけている中、この河井善順という豪傑僧は、顔色一つ変えずに警護の兵を説得してしまったのだとか。
 ドラマでは、祖父から相州秋廣の刀を手渡されるが、実際には、この刀は奥平謙輔への「弟子入りの束修」として「藩から貰って持参した」ものということらしい。

 なお、この一行と一緒に、小池帯刀と野口九郎太夫の2名が「藩命を帯びて」猪苗代を脱出する。藩主父子の助命嘆願の周旋依頼と推測されているようだ。
 当初、この五人連れだったが、これでは関門を言い抜けることが困難だということで、二組に分かれたのだそうだ。ところが、小池と野口は関門を通過することができずに、捕らえられて斬殺されてしまっているらしい。
 
 この出来事の前に、この僧の河井善順を介して、長州藩士奥平謙輔と会津藩士秋月悌次郎が直接顔を会わせているらしい。
by shingen1948 | 2013-08-04 18:42 | 大河「八重の桜」視聴記録 | Comments(0)