人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「東北六魂祭2013福島」②~準主役

 2時間待ちで、よく堪えたなぁと思ったら、昼過ぎ到着の観光客は入場規制でパレード会場にも入れなかった方がいらっしゃったとの情報も。それなら、会場にはちょうどいい時間帯に入ったらしいともいえるかな。
a0087378_5434439.jpg 昨日、山形花笠音頭で使用した写真は、花笠音頭の現代バージョンで、正調バージョンは、こちらかな。ただ、忠実に花笠音頭の音楽を使いながら現代バージョンにして、活動的な印象を与える踊りだったなということで、捉え方によって主役と準主役は入れ替わるかな。
 
 そういう意味では、仙台すずめ踊りもそうかな。
 「東北六魂祭」パレードとしては、主役はすずめ踊りだが、仙台としての祭りのメインは、毎年8月6日〜8日に開催され、200万人以上の観光客が訪れるという七夕祭りの方らしい。
 この祭り、よく知らなかったので「夏まつり仙台すずめ踊り」のページで確認する。
 すずめ踊り自体は、400年以上の伝統があるようだが、「夏まつり仙台ずめ踊り」としては、平成15年にすずめ踊り発祥400年を記念して、開催されたという新しい祭りらしい。こちらは、毎年7月下旬に仙台駅東口の宮城野通りで開催されるおまつりで、今年は7月28日開催らしい。
 これとは別バージョンで、「仙台・青葉まつり」で奉納されるすずめ踊りというのもあるらしい。他にも祭りの中心がすずめ踊りになっている行事があるらしい。

 「ブルーインパルス」と家族の誘いに導かれて出かけてきたのだが、自分の感性的は正調である静的なものより、動的なものを欲していたらしい。躍動的で即興的な雰囲気が、閉塞感から抜け出したいと思えるようになっている自分の波長と同調していたのかな。

a0087378_550147.jpg
 主役準主役という意味では、わらじ祭りの原点は信夫三山暁詣りで、これに奉納される大わらじをかつぐ夏祭りにしたものらしい。その意味では、今回は準主役の信夫三山暁詣りにかかわるこちらの方々が、元々の主役かな。
by shingen1948 | 2013-06-05 06:00 | ★ 季節便り | Comments(0)