地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

安倍首相「安全が確認された原発は再稼働」~フクシマはすでに過去の出来事<平成25年3月の頃>②

 昔は、最も単純で美しいものが、科学的には真理に近いというようなことを教わったものだが、最近は、真理は複雑怪奇なものという主張を目にすることが多くなったような気がする。
 東京電力の原発事故で、これほどの被害を出したのだから、原発をゼロにしようと考えるのは当たり前だと思うのは、古い考えらしい。

 事故当時、混乱の中で反論する余裕のない福島に入られた経済界や商業界のトップの方が、「原発を止めたままでは日本の経済が立ちいかない」とのたまった。経済破綻のリスクは、原発事故のリスクより大きいというのが真理だという論法に、自己中心のエゴを感じたものだった。福島で見える原発事故のリスクは、単に人間界の範囲を越えて、地球全体にかかわるリスクであることが見えたからだと思う。
 経済破綻のリスクは、どうみても人間界の範囲を越えるはずもなく、地球全体にかかわるリスクよりも大きいはずがない。

 ところが、現実には、平成25年3月の時点で、安倍首相が福島の地で「安全が確認された原発は再稼働」と述べるというところまで進んできているということだ。
 福島の地の1月の時点を確認すると、安倍首相が他所で「原発ゼロ」を踏襲しない考えの浸透を加速させていて、東京電力は、新組織「福島復興本社」を通して、原発にかかわる直接の地元と関係改善を図るという状況だった。
 これに関して、福島県知事は、年頭の記者会見で政府や東京電力に県内の原発の廃炉を求める考えを改めて示していた。また、自民党福島県連は、「ふくしま復興本部(仮称)」を設置し、県内原発全基廃炉を盛り込んだ県内版公約実現に向け党本部へ働きかけるとしていた。
 確かに、まだ福島県内の廃炉が決まっていない福島県内の東京電力第一原発の5、6号機と、東京電力第2原発1~4号機の話であって、全国の原発の話ではない。
 確認したいのは、この時点では、全国の原発の件については曖昧にしておきたいという思惑が感じられるという状態だったということだ。
 それが、平成25年3月の時点では、わざわざ首相が福島に来て、「安全が確認された原発は再稼働」すると明確に宣言したということだ。
 この背景には、2月4日の時点の毎日新聞世論調査では、54%がこの方針を支持していることがあるのだろうと思う。
 福島県民の「民主党政権がだらしないから、自民党への期待が高まった」とのいい訳の中で、この課題のこれからは、命を実感していない経済人、政治家、マスコミ人、学者文化人、原子力ムラの方々の手にわたる。 そして、全国的な視野で原発再稼動、新増設、核燃料サイクルという原発推進が息を吹き返すというのが、これからの道筋になるのだろうと思う。 

 東京電力の福島県内の原発の話も確認しておきたい。
 福島県内の東京電力原発の状況は、全てが廃炉に決まったと思いがちだが、法的に廃止されるのは第1原発の1~4号機のみだ。第一原発の5、6号機と、第2原発1~4号機は、まだ震災による停止中であって、その今後については、東京電力は「未定」としたままだ。そこに、【毎日新聞(2013/1/1)】の「原発交付金頼みの人件費情報」を見ている。楢葉町が94%・大熊町が67%・富岡町が63%・双葉町が45%だとか。
 東京電力福島第1原発の直接的な地元が大熊町・双葉町で、福島第2原発の直接の地元が楢葉町と一部富岡町かな。
 この状況の流れをみれば、東京電力の福島県内の原発が、このまますんなりと廃炉になるとは思えない。

※ 2013/3/27修正
Commented at 2013-03-27 10:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shingen1948 at 2013-03-28 06:43
ありがとうございます。
by shingen1948 | 2013-03-27 05:30 | ★ 季節便り | Comments(2)