地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

福島を通り過ぎた風~フクシマはすでに過去の出来事⑥

 全国の情報そのものは、思惑とか配慮とかというオブラートに包まれて提供されるので、政治に疎い素人には、読み切れないところがある。ただ、国外でどう見ているという情報はそのオブラートが外れている事が多いように思う。
 今回の衆院選をフランス各紙がどう伝えたかという情報を見つけた。【Excite Bitコネタ】は、「巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信」だとか。
 安倍氏は日本の貴族、衆院選フランス各紙の反応【Excite Bitコネタ(2012/12/21)】
 http://www.excite.co.jp/News/bit/E1355912270164.html
 ここから原発問題に関する部分を抜き出して並べる。
 ル・モンド紙
 原発問題に関しては、「福島は忘れられた」として「土曜の夜(衆院選前夜)まで日本は脱原発の準備があった。日曜からは停止中48機の原発が再稼働へ進む」と伝えた。
 リベラシオン紙
 「地震、津波、原発のトリプル災害」を中心とした東日本大震災後の日本の政治状況と関連させつつ「反原発支持者は少数の議員を衆議院へ送るという深刻な失敗をした。福島はすでに過去の出来事だ」と結んでいる。
 これらの視点で全国紙に報じられる情報をみれば、全国の原発再稼働の話どころではなく、第2原発が再稼働の例外になるかどうかさえ分からないというのが現状というふうにも見えてくる。

 本当は、福島が原発再稼働の実現に大きく影響する力を有していたはずなのだと思う。切り抜きがみつからないが、選挙戦のさ中、福島の候補者や選挙事務所に外国の通信社の取材が入っているという小さな情報も目にしたのもねそのかかわりのような気がする。
 ただ、福島では、そのフクシマの行方を担っているという自覚がなかったということなのだと思う。

 全国の情報紙に目を向ければ、自民党政権が見えた途端に東電の株価は高値がついたというのをみたような気がする。豊かな経済の知識を持つ方のマネーゲームは、自民党は「規制委員会の判断によって検証をしながら、安心・安全と分かれば、再稼働させる」に違いないと読むのだろうか。
 豊かな経済の知識を持つ方は、東電が起こしたフクシマは、これで終了すると読んでいると見ればよいのかな。
[PR]
by shingen1948 | 2013-01-03 05:20 | ☆ 地域・自治話題 | Comments(0)