人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

久しぶりに鯖湖湯に入る~夏の頃②

  今年の夏、久しぶりに合った客人の飯坂温泉行きに付き合って、客人が興味を示した事について整理した。家族と来た時、鯖湖湯の隣の堀切邸に興味を示したので、そちらはどうかと尋ねたら、興味なしとか。
a0087378_426563.jpg
 近くで、少し興味を示したのが「福島の建築 30」で整理した中村屋さんの建物の家紋。ただ、その興味の理由は、鷹の羽の家紋が、自分の家の家紋と同じというそれだけの理由。
 ここに来る前に、「節目よりは、継続を意識すべき正月②:福島の建築42~花水館⑤<奥の間御殿>」で整理した奥の間御殿を確認しようとしたら、それよりもコンビニで飲料水を買いたいと興味を示さなかったのは、暑さのせいもある。
 とりあえず、芭蕉に興味かと思って、「福島の建築42~花水館③「滝の湯温泉」」で整理した滝の湯跡と芭蕉碑を紹介しようと階段をのぼりおりしたことも影響したか。しかも、ここで興味を示したのは、摺上川向かいの湯野側の崖の風景。

 それよりは、ラジウム卵が懐かしいということで、「真鍋嘉一郎と、ラジウムと、夏目漱石と……②」で整理した近くのお店を紹介する。勿論、箱はいらないというとパックに詰めていただけ、箱代分を安くしてもらえることも。
 ただ、飯坂温泉駅で、松尾芭蕉像を撮っていたので、「ラジウムと、夏目漱石と……」で確認したその隣のラジウム玉子も紹介したが、こちらには興味がなかったようだ。
by shingen1948 | 2012-09-12 05:20 | ◎ 芭蕉の足跡 | Comments(0)