人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

9月7日の「白露」は実感

 8月23日は「処暑」で、暑さもようやく収まり、涼風が吹く時期とされるとのことだが、今年は猛暑日が続いていた。
 福島の最高気温は、21日37.6℃、22日36.8℃、そして、23日が36.6℃、翌日の24日が36.4℃の猛暑日だった。そこから3日間は、ぎりぎり猛暑日の記録では無かったが暑かった。そして、月末まで再び猛暑日が続いた。
 9月に入ってから、JAの雨乞いがきいたか、夕方から夜にかけて雨が降ったり、朝夕ややしのぎやすくなったりはするが、日中は真夏日が続く。
 2日と6日の2日間30℃を切ったものの、それ以外の日は最高気温30℃を超えている。厳しい残暑だ。
a0087378_5323731.jpg

 概況としてはそんなところだろうが、9月7日の「白露」だけは実感した。「白露」は24節季で、大気が冷えて来て、露が出来始める頃を意味するとのことだが、朝、周りの風景を見ると、朝もやにつつまれていた。
 お日様との角度を調整すると、その露の一粒一粒が、サラサラと流れて行くのが見えて、感動的だった。露の粒が蜘蛛の糸にかかって光る状況をみて、その写真には写せない感動的な風景を思い出す。
by shingen1948 | 2012-09-10 05:34 | ★ 季節便り | Comments(0)