人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

大河ドラマ「平清盛」視聴~第34話「白河院の伝言」

 今話は、大河ドラマにつきものの回想シーンがメインだろうか。
 清盛が死の淵をさまよう病床で、その意識が胎内回帰し、白河法皇に出会う。そして、あなた様に追いつくどころか、追いこして見せると語ったところで現実の世界に戻るという展開。そこに、後白河上皇が、……。

 これが、単なる回想にとどまらず、回想場面に現在の清盛が重なることで、再生した清盛が後白河上皇に対峙する場面が、白河法皇を追い越すという伏線になっているように見える。
 白河法皇の限界は、天下の三不如意である賀茂川の水、双六の賽、山法師であり、これをも我が意のままにしてみせようということなのか、山法師と双六の賽とのかかわりを重ねて描く。
 この病の後、清盛の権力は益々巨大化していき、宋との貿易、福原遷都、天皇の外祖父等々と、栄華の頂へ進んでいく。
 
 この回想場面は、自分にとっては大河ドラマ「平清盛」視聴をどう整理するか定まらない時期の展開でもある。懐かしいだけでなく、今から思えばそういう事だったのかと思わせるものになっていた。
 これも、過去のシーンと今が重なるように演出されたためだと思う。

 例によって、第34話 「白河院の伝言」の要点を「エキサイトドラマ特集『大河ドラマ平清盛』」からお借りしようとしたら、何故か第33話「清盛、五十の宴」までしかなかった。急きょ、公式ホームページから、その要点を整理してみた。
 第34話 「白河院の伝言」
 1168年、 突然熱病におかされ意識を失い、病床に伏した平清盛(松山ケンイチ)。薬師(くすし)の診断で原因は寸白(すばく・寄生虫)と判明したものの、手元の薬では治せず、祈るよりほかに手だてはない。
 清盛危篤の知らせは、平家一門のみならず、朝廷や貴族、諸国の武士など多くの人々の心に波紋を呼ぶ。
熊野詣でに向かう途上の後白河上皇(松田翔太)一行は、京へとってかえす。
 死の淵(ふち)をさまよう清盛の意識は、時をさかのぼって、白河法皇が舞子におなかの子である清盛を流すことを命じているところに出くわす。
 清盛は、母を殺された怒りを押さえきれず、夢の中で白河法皇にぶつける。感情をあらわにする清盛に白河法皇は、お前も昇りきった果ての景色を知れば、わしのことが分かると語る。すると清盛は、あなた様に追いつくどころか、追いこして見せる―――、と語ったところで、清盛は現実の世界に戻る。
 一方、伊豆で失意の日々を送っていた頼朝には、運命の女性・政子(杏)との出会いが迫っていた。
 引用のようにくくったのは、今までの形式に合わせるため。
 ここしばらく、視聴率にふれていなかったが、この回は11.1%だったらしい。前回が、9.3%だったらしいが、これは、裏番組24時間テレビのせいか。

 ※ 「エキサイトドラマ特集『大河ドラマ平清盛』」第35話の要点を確認したら、前話も更新されていた。それで、以下にその要点を加えて修正するが、公式ホームページから要点を整理したものもそのままにしておくことにした。(1012/9/14)
 
 白河院の伝言 
 1168年、 突然熱病におかされ意識を失い、病床に伏した平清盛(松山ケンイチ)。薬師(くすし)の診断で原因は寸白(すばく・寄生虫)と判明したものの、手元の薬では治せず、祈るよりほかに手だてはない。万一の事態も覚悟し、今は落ち着いてなすべきことをせよと、時子(深田恭子)は一門に命じる。
清盛危篤の知らせは、たちまち都のみならず、后の滋子(成海璃子)とともに熊野詣でに向かう途上の後白河上皇(松田翔太)や、果ては源頼朝(岡田将生)の暮らす伊豆にまで届く。そして平家一門のみならず、朝廷や貴族、諸国の武士など多くの人々の心に波紋を呼ぶ。後白河上皇の一行は、この一大事に御所を空けていては危ういと判断し、京へとってかえすが、その途上で大雨に見舞われ、足止めを食らう。
 清盛が回復するまで一時的に長男・重盛(窪田正孝)が平家を率いることになった。しかし時子の弟・時忠(森田剛)は三男・宗盛(石黒英雄)に、清盛が亡くなった場合は棟梁になれとけしかける。重盛と違い宗盛は正室である時子の子だからだった。鉄壁に見えた平家一門にかすかな亀裂の兆しが見え始めていた…。

by shingen1948 | 2012-09-08 05:26 | ☆ 映画話題と視聴記録 | Comments(0)