地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

大河ドラマ「平清盛」視聴~第23話「叔父を斬(き)る」

 前回は、信西は家名の再興を次代に託して出家するのだが、その出家さえ最高権力者の側近くに位置する手段とし、その実権を握った信西の姿が描かれているという視点を頭において視聴した。

 この回は、肉親を直接処分する丁寧な描写。
 ドラマの泣きながら一族を斬る清盛と斬れないまま終わる義朝の対比描写も、信西に視点を当てれば、それを冷酷に見守る信西のにくにくしさだろうか。
 最終的に信西が敗北することにつき進む要因の一つに思える。この当時、死罪になるという事は想定外という常識だったらしいことがドラマの前提になっていることを重ね合わせればなおさらだ。

 今回、何故か西行をちらりと登場させる。
 前回の登場は、保元の乱が勃発する前で、「今宵こそ思ひ知らるれ浅からぬ君に契りのある身なりけり」と詠んだ歌を紹介される。これは、西行の物語本では、この乱へのかかわりを描写しているようで、その披露だったということのようだ。
 辻邦生「西行花伝」などでは、西行が、崇徳上皇を政争から救い、現世の煩悩を超えて「歌により世を導く」行き方をしてほしいと願って、あわただしい数日の間にあちこちを動き回り苦心する様子を描くという。部分読みで確かめる。
 今回の登場を、出家の在り方にかかわる姿勢を頭において視聴するとわかりやすいかも。同じ出家でも、西行等の出家は純粋に遁世の視点であるという前提だ。信西のそれは、最高権力者の側近くに位置する事が可能になるという事とのこと。出家して法衣に着替えても、それは名ばかりで、心までも染めるつもりはないとか。その経過を、道理の視点でみつめる西行といったところか。
 道理では、崇徳上皇側に分があるわけで、その西行の視点で、出世目的の信西の所業の結末を見極めている姿と見るのは、深読み過ぎるかな。
 
 ドラマの展開がゆっくりになってきたので、ドラマと「新・平家物語(吉川英治)」の展開とを読み比べながら楽しんでみる事にした。ドラマ「叔父を斬(き)る」の回に相当するのが、新・平家物語「2」の「窮鳥」の項辺りから「夜の親」の項あたりのようだ。こちらでは、西行の役割を文覚にさせている。 

 第23話「叔父を斬(き)る」の要点を「エキサイトドラマ特集『大河ドラマ平清盛』」からお借りする。
 「叔父を斬(き)る」

 清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)に下された信西(阿部サダヲ)の沙汰は、忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)を斬首せよ、という信じがたいものであった。しかし、二人とも時の権力者へと上り詰めた信西の命に逆らえるわけもなかった。清盛から沙汰を聞いた忠正は、運命を受け入れ、清盛自身が自分を斬れ、と命じる。一方、為義もまた義朝に、源氏の栄華のために己を斬れ、と語る。そして、六条河原と船岡山での斬首の日を迎える。清盛は叔父を、そして義朝は父を斬れずにもだえるが、やがて二人は決断を下す。
 使命を終えた清盛を待っていたのは後白河帝(松田翔太)からの宴への誘いだった。後白河帝は、清盛に白拍子の舞を見せ、清盛の忠誠を確認する。おさえられない感情を抱きながら、宴の席を去った清盛に、信西は「すべての重き荷を背負ってこの国の宝となれ」と語る。

 もう話題にもならない視聴率情報は、11.6%とか。どうでもいいのだが、ずっと記録していたので、とりあえず確認しておく。
by shingen1948 | 2012-06-17 04:26 | Comments(0)