地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

地域の人々が伝える祈る心~清水町宿「阿弥陀堂」

a0087378_5213475.jpg
 ここには、先に清水町宿の一風景として立ち寄っている。
 ただ、この時には、案内柱に誘われて立ち寄っただけで、この阿弥陀堂も、この「地域の人々が伝える祈る心」の話とかかわることを意識していなかった。この庵の別名が「塞耳庵」とされることは聞いていたが、それまでだった。

 この「塞耳庵」という名称が、この地区のその道に通じている人にとっては、無能上人とのかかわりをイメージするということだ。

 ということで、あらためて訪ねてみた。
 案内柱には解説がなかったが、この「阿弥陀堂」は、「信夫郡仏堂明細帳」では、延宝元年(1673)3月28日建立。佐藤清右衛門持ち、曹洞宗仲興寺持受け持ちとあるらしい。仲興寺は、この清水宿のお寺だ。
 土蔵造りの仏堂は、昭和29年に再建されたものらしい。
a0087378_5234674.jpg
 その土蔵造りの仏堂前に名号塔が建つ。
 表面と裏面の両面に名号が刻まれているのだが、手持ち資料に「明和6年(1758)8月15日願主然蓮社良成天阿暢音による百万遍一万座供養塔造立される。この正面の名号は別人のものだが、裏面は無能の花押入りの名号が刻まれる。」とあるものだろうと思う。


a0087378_5251784.jpg これが、その裏面で、無能の花押入りの名号が刻まれるとされる名号だろう。


a0087378_526340.jpg
 無能の花押入りというのが、この部分なのだと思う。 


a0087378_5264948.jpg
 「当地ゆかりの人物の墓標(正徳・享保・元文)も数基確認できた。」というのが、こちらだろうか。
 この確認とかかわるのが、佐藤家に伝わる縁起(宝暦8年(1758)8月当庵現住戒心の作)標題「奥州信夫郡清水町塞耳庵之縁起」にある以下の部分らしい。

 〇 延宝元年 芝増上寺出身の旅僧安心開基。(泰心庵)
 〇 元禄5年(1692)上州から達山という僧が奥羽地方行脚、衰退したこの旧庵に庵を結ぶ(選仏庵)
 〇 享保5年(1716)信州高遠の僧縁知が無能の徳を慕ってこの地に来たり、随身給仕したりした。この淨業に感銘した佐藤半右衛門が、旧庵の地に小堂を再建し、この縁知を請じた。
 元文元年(1736)10月縁知没

 資料で、曖昧で確認が取れないというのが、以下のことらしい。
 〇 この間に、庵を現在地に移し、新たに3尊を講じ、48夜別時念仏を開白するとともに、二本松大運寺を本寺と定めて、庵号を「「塞耳庵」と定める。
 〇 縁知没後、元文2年3月、半田村の善之丞こと直翁が移住、居住数年一生をここで了える。
 特に、半田村の善之丞のくだりは明らかに違うというのは、自分でも確かめられる。

 ここで大切にしたいのは、その位にこの戒心という方が、無能上人との縁を結びたいと思っていたこととそれを地域の方に伝えたかったという熱意の部分なのではないのかなと思う。
by shingen1948 | 2012-05-27 05:28 | ◎ 地域散策と心の故郷 | Comments(0)