人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

続・旧道諸説を歩いてみる⑥

 源頼朝の奥州遠征の道筋とその石那坂の戦いの防御ラインの交点が、金谷川の関谷付近とする小林氏の説には、説得力がある。
a0087378_4492636.jpg
 その防御ラインを、西側から確認している。先に整理したのが、高速道路がトンネルで貫通する愛宕山からその脇の揚水施設事業施設があるあたりまでだったが、今回はその続き。

 愛宕山の右手の窪地に旧米沢街道の道筋が走る。窪地の右側に走る道筋が、その道筋だ。
a0087378_4531014.jpg
 その米沢街道を南に進んだあたりから防御ラインを眺めて、街道右側の高まりをとらえるとこんな感じだ。
 この高まりは左右に広がっていて、その中央付近の微高になっている辺りに民家が建つ。それが、右手に写る民家だ。


a0087378_54532.jpg
 その左手の高まりにお堂が建っていて、気になって確かめたら、薬師堂のようだった。

 小林氏は、その薬師堂のある高まりから東に広がる高まりの地形と、福大のある高まりとの間の窪地に奥大道が走るとみるようだ。
 その奥大道から眺めた風景を地図で確かめると、薬師堂のある高まり沿いに津島神社、並木大山祇神社が並んで見えるようになるようだ。
a0087378_59254.jpg
 今は、この窪地の福大のある高まり側には、東北本線、193号線が走る。
 その道筋と奥大道が走る間に微高地があって、ここに、八幡神社が建つ。

 今回は、小林氏が描く奥州合戦石那坂防御ラインを見てみた。
 この奥州合戦石那坂防御ラインは、諸説あるようだ。その主流は、奥大道の道筋のある高まりの西側の高まりを中心にして、奥大道が平地に下ったあたりの平場の北側にかけてその延長線を延ばしてイメージするようだ。
 ただ、「平泉藤原氏と南奥武士団の成立(入間田宣夫)」<歴史春秋社>は、この小林氏の説に合理性があるとみているようだ。また、この付近の奥大道筋については、確認した範囲の中ではあるが、奥州合戦石那坂防御ラインにかかわらず、ほぼ同じような道筋を想像しているように感じている。
 
Commented by としぼー at 2012-04-29 05:13 x
度々拝見させていただいております。今回は、お認めいただきたいことがありましてコメントさせていただきました。今回の旧道諸説を歩いてみる。の記事は、私にとりまして非常に興味があり、又、詳細解説していただきましたことがありがたく存じております。石那坂の場所も分からず、大森から平田、金谷川への道を自転車で数度あるきました。今月22日に大森にて歴史を探訪する会に参加させていただきまして、その地の歴史保存会の元会長さんにお話をうかがっていたりしていたところです。そうしている際の記事なものですから、私からみますと間髪をいれずに、この記事を拝見することができまして、おおげさですが感動しているところです。この記事を参考とさせていただき、数日のうちには現地に見に行きたく存じております、その際の私のブログ記事に、貴ブログ名を書かせていただきたいと言うことです。書くとすれば次のようになります。「風の人シンの独り言というブログによれば・・。」よろしくお願い申し上げます。
Commented by shingen1948 at 2012-04-30 05:58
勿論、大丈夫です。むしろ光栄です。
散歩を楽しみながら、ああでもないこうでもないと意見を交換できたらうれしいです。
おかしなところがあったら教えてください。
Commented by としぼー at 2012-04-30 07:53 x
ありがとうございます。それでは、さっそく行ってまいります。
by shingen1948 | 2012-04-28 05:16 | ◎ 奥州侵略の路 | Comments(3)