人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

旧道諸説を歩いてみる⑦

 今回は、旧道諸説のうちの現在の福島大学北側のハッツケ地蔵から北進する道筋とそのバリエーションの逆コースを歩いてきた。
a0087378_563792.jpg
 その最後の行程にあたる開発道から福島大学北側へ向けての道筋が地図にはあるのだが、実際の道筋は心もとない。
 それが、この右手に写る道筋のはずなのだが、この先に抜ける道筋までは整備されていないようだ。ここで切れている。確かに、その奥に福大の建物らしきものが見え隠れしている。


a0087378_592731.jpg
 その道筋の右手に、整備された下り道があるが、これは水道管理道らしい。この先は、迷い込んだことがある道筋とつながるのだろう。


a0087378_511151.jpg
 今回は、ここまでにしようと開発された道筋を下る途中で、先の福大らしい建物を確認する。

 実はよく分かっていなかったのが「ハッツケ地蔵から北進する」とあるその「ハッツケ」という言葉だ。「八景」・「はっつ」・「はつけ」等のいろいろ可能性を探ってみた。


a0087378_5131420.jpg
 いずれも、イメージしたのは、崖とか村はずれとかということで、どれも風景と溶け込む。それで気にもしなかったのだが、最もそれらしい可能性が高い情報は、福島大学図書館付近に「はりつけ地蔵」というのがあるらしいということ。

 道筋を整理する。
 見失ったのが、紺色の道筋。今回歩いてみたのが、小林氏が石那坂にかかわる自説とのかかわりで提示した奥大道で、橙色の道筋の延長した道筋。基本的に福大の北側から東北新幹線のトンネル福島側に抜ける旧道の道筋だ。
 もう一つの道筋である「字本山地内から旧平沢村の湯ケ原に下りる」道筋は、今のところ、米沢街道とされる道筋に近いのではないかと勝手に思う。
by shingen1948 | 2012-04-09 05:24 | ◎ 奥州侵略の路 | Comments(0)