地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

旧道諸説を歩いてみる②

 以下は、黒沼神社物語や地元研究会誌等から、旧道の道筋にかかわりのある部分を抜き書きしたメモだ。
 〇 金谷川駅から北に進み、字本山地内から旧平沢村の湯ケ原に下りるか、現在の福島大学北側のハッツケ地蔵から北進して牛坂に降りるか、石那坂の吉次宮手前から山発田に降りたものと思われる。
 〇 この山発田は、「昔のもの片原の宿」といった。(大日本地名辞典)。ただし、山を開いて耕地とする意あり。
 〇 曲がらずに、字吉次下―町畑―の旧道あたりが、片原(石那坂)千軒とも。
a0087378_4312279.jpg
 まずは、小林氏が奥大道とする道筋とかかわりながら散歩する。

 地元の歴史愛好会の雑誌に、小林氏が石那坂の戦いにかかわる自説を寄稿するが、その資料として石那坂合戦関係図が示される。その図には、奥州街道と奥大道が描かれているのだが、そこに散歩にかかわった道筋と阿部氏が描く米沢街道を書き加えた。

 福島盆地に入っての小林氏が描く奥大道の道筋を緑の線でなぞった。
 この道筋は、新幹線沿いの道筋と東北本線下りの道筋の間を通り、永井川付近では新幹線の東側をそのまま進むように描かれる。
a0087378_4461832.jpg
 a0087378_4491782.jpg

 茶色で書き加えた道筋は、先の散策で平石石那坂村から清水宿に抜けた道筋だ。あてもなく散歩する時には、この道筋に入ることが多い。
 その道筋に「南無阿弥陀仏」の百万遍供養塔の石碑が建つ。その供養塔と左下の書き込み。

 その右手の水色の道筋が、奥州街道だが、これは小林氏が描いた道筋をなぞったもの。

a0087378_4532599.jpg
 現在は、新幹線の側道に建つ村の神社のイメージだが、古い道筋ならその反対側の位置になるのだろうか。
 目印となる施設を確認する操作を通して、その風景と古道の道筋を重ねてイメージしながら、新幹線の側道としか見えなかった道筋に、古道を感じながら進んでみる。


 なお、赤で書きくわえた線は、阿部氏が描く米沢街道の道筋だ。
 また、紫で示した辺りが石那坂トンネルで、先に石那坂碑とのかかわりで整理した辺りだ。「奥の細道を歩く」の著者が、平石から奥州街道に抜けようとしたのは、石那坂碑への案内で、このトンネルの上を登った石那坂碑に導かれ、そのまま坂を登って、バイパス経由で奥州街道に行きつくという道筋だったろうと想像する。
by shingen1948 | 2012-04-04 05:20 | ◎ 奥州侵略の路 | Comments(0)