人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

気を感じて伏し拝む③

 福島市内に車で出かける用事があった帰り道、大笹生の山々を感じながら白和瀬神社に立ち寄ってみようと思った。
a0087378_6251498.jpg
 その途中、吾妻山がきれいに見えたので車を止めた。
 その地点が、飯坂古道沿いの山神の地点だった。
 その祠から盆地の西の山々を捉えてみた。

 この山神は、恐らくここから山に入る地点を示すものだと思う。従って、山神様にとっては、この盆地の西の山々が遠望できるということは、裸同然に切り開かれて、その雰囲気を失った状況なのだと思う。

 この山上様の前を、仏母寺の西側の地点から飯坂古道が南北に走る。この道筋を歩いた時は、古道の道筋に気をとられ、その風景にまで思い及んでいなかった。
 本当は、今は開けてしまっているが、その左側の西手に山々に連なる木々を感じながら進む道筋だったのだろうと思う。
a0087378_632293.jpg
 西の山々、特に吾妻山がくっきりと見えるこの風景に気を感じ、この山神様を拝む地点としてお借りしてみたいと思った。
 丸裸にされた山神様にとっては、迷惑な話かもしれないとも思う。

a0087378_636255.jpg

 その感覚を保持して、大笹生の山々が感じられる地点に移動した。
by shingen1948 | 2012-01-16 06:41 | ★ 季節便り | Comments(0)