人気ブログランキング |

地元学でいう「風の人」として足元を見つめたり、できことを自分の視点で考えたりしています。好奇心・道草・わき道を大切にしています。


by シン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

気を感じて伏し拝む

 今年の正月は、季節的に設定される節目を感じる感覚が薄い。今年の節目は、大震災の3月11日なのではないかと感じている。この時期、節目の正月というよりは、継続を意識すべき正月という特殊性を帯びているという思いだ。
a0087378_621466.jpg
 今年も、昨年同様に、1月1日に飯坂電車平野駅の東側に鎮座する東屋沼神社にお参りしたが、初詣という感覚よりは、散歩を通して感じる山の林や岩、それに、豊かな水に畏敬の念を持つ自分の感覚の確認だったように思う。

 今年は、この東屋沼神社に詣でるというよりは、ここにたどり着くまでに、東屋沼神社が、気を感じて伏し拝むべきとする吾妻山を充分に感じることにしてみた。
a0087378_631748.jpg
 家からずっと吾妻山を感じながら歩いてきて、この吾妻山を捉えてみた。
 風景写真としてきれいに捉えるには、朝日を浴びる吾妻山がいいのだろう。出かけたのは夕方で、写真を撮るには逆光になり、最悪の条件だ。しかし、気を感じるという事でいえば、太陽光を意識した吾妻山がいい。
 手前の建物の庇で逆光を遮りながら、吾妻山を何とかとらえてみた。
 今までは、吾妻小富士を吾妻山の象徴として捉えていたが、最近は、現在噴気が上がる右手の一切経も含めた山々をも含めて吾妻山と感じている。
by shingen1948 | 2012-01-11 06:18 | ★ 季節便り | Comments(0)